人気ブログランキング |

<   2005年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧


c0046587_21182840.jpg


 1994年の、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの7thアルバムです。
 このアルバムは、まだ、聴いたことがなかったので、ブック・オフにて買ってきました。

 社会人になって4年目やから、必死に仕事してた頃。
 音楽を聴く余裕はなかったのかなあ・・・。
 今の若い社会人を見ていると、自分がこの頃に思いっきり、二度とできないような苦労をできたのは、現時点では、いい思い出でもあり、大きな糧にもなっている気がします。(少し愚痴も・・・。)
 
 さて、これは、バンドの音楽の原点と言えるR&B、そして、初期R&Rを主眼においたカバー集となっています。 全米ヒットしたようなメジャーな曲から、ローカル・ヒットしかしていないようなマイナーな曲までを、幅広く選曲し、まさに彼ららしい内容となっています。
 これは、メンバーが子供の頃にラジオやテレビから直接耳にした曲を選んだようだです。

 やはり、彼らが大好きなロックンロールやR&Bに、渋め感を混ぜて、その楽しさを僕らに教えてくれます。

 サウンドは 「Fore!」 に見られるセールス路線の派手さを出さずに、どちらかというと、「Sports」 とか「Hard At Play」、「Small World」 に近い感じがしました。

 自分はあの頃、’80年代から、ずっとかわらず、またこれからも、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのファンであることを、再確認したアルバムでした。


Four Chords & Several Years Ago / Huey Lewis & the News

1.Shake Rattle and Roll
2.Blue Monday
3.Searching for My Love
4.(She's) Some Kind of Wonderful
5.But It's Alright
6.If You Gotta Make a Fool of Somebody
7.Mother in Law
8.Little Bitty Pretty One
9.Good Morning Little School Girl
10.Stagger Lee
11.She Shot a Hole in My Soul
12.Surely I Love You
13.You Left the Water Running
14.Your Cash Ain't Nothin' But Trash
15.Function at the Junction
16.Better to Have and Not Need
17.Going Down Slow
by chikazo-toto | 2005-11-08 21:50 | ようがく

太陽の東、月の西。


c0046587_21152716.jpg


 1988年の野田幹子さんのアルバムです。

 当時、FM station の誌上で紹介されていて、CDを買って、よくひとりで聴いていました。
 このアルバムを聴くときは、ドライヴ中でも、だれかと一緒にでも、ありませんでした。

 晴れた日曜日などの午前中、ひとりで聴いているのがとてもすきなアルバムでした。
 だから、このアルバムのchikazoが持っているのは、友達はあまり知らないと思います。

 透明な彼女のヴォーカルは、ほんとうにすばらしいかった。
 いつまでもこのふとした出会いから愛したアルバムを、ずっと、聴き続けてゆきたいものです。


太陽の東、月の西 / 野田 幹子

1.Super Friend
2.エアポート
3.Last Star
4.Bus Stop
5.Cosmic Cowboy
6.Big Love -素顔のわたし-
7.水しぶき
8.夏のシエステ
9.夜の泉
10.ほほにかかる涙 -fairy-
11.太陽の東、月の西

 
 野田 幹子さん は、1987年、「太陽・神様・少年」でシングルデビューされました。
 その後、1997年までにシングル10枚・アルバム11枚をリリース。彼女の歌声の魅力である生来のベルベットボイス、特徴である自然な優しさと清潔感はユーザーの心を確実に捕え、JAL・ミノルタなど数多くのCFソングに起用されてきました。

 外観とは対照的な人なつっこいキャラクターで、トークにも類稀な才能を発揮され、現在は音楽活動の傍ら、ワインとともに、料理・旅行などの紹介をされる新しい型のソムリエとして活躍されておられます。



  chikazo が たびたび訪れる 野田幹子さんのワイン講座のブログ  
by chikazo-toto | 2005-11-07 21:37 | ようがく

c0046587_23305035.jpg


 いろんなスカ・バンドから、80年代ポップ・ヒッツやスタンダードのカヴァーのみを収録したコンピレーション・アルバムです。
 とにかく、聴いてみて面白かったです。

 夕方の雨の中、夕食の買い物の途中、オフで見つけました。

 出だしの 「ゴーストバスターズ」 は、いきなり、すごいね。
 とにかく、驚きの連続でした。

 ドライヴの 『ひつじゅひん』 になりそうです。


ベスト・ヒット・スカ / オムニバス

1.Ghostbusters (LAX ALEX CONTRAX)
2.We Will Rock You (ALMIGHTY BOMB JACK)
3.We Are The Champion (BUSTERS)
4.Girls Just Want To Have Fun (DISPORT)
5.Take On Me (QUICK STEPS)
6.Venus (QUICK STEPS)
7.Manic Monday (ONE TRACK MIND)
8.Vacation (MU330)
9.Don’t Worry Be Happy (STEP×STEP)
10.New Era (ROLLINGS)
11.Brand New Cadillac (STEP×STEP)
12.Hotel California (SKA DADDYZ)
13.La Bamba (CHECKERED CABS)
14.Smoke On The Water (SMOKE LIKE A FISH)
15.Sunshine Of Your Love (BIM SKALA BIM)
16.Anarchy In The UK (SKANDALOUS ALL-STARS)
17.Theme from Shaft (THE SILVER SONICS)
18.Can’t Hurry Love (CHECKERED CABS)
19.Higher Ground (SKANDALOUS ALL-STARS)
20.Something (川上つよしと彼のムードメイカーズ)
by chikazo-toto | 2005-11-07 00:24 | ようがく


c0046587_14424539.jpg


 1989年のドン・ヘンリーの作品です。 「ジ・エンド・オブ・イノセンス」。 
 発売当時、3回生でしたか。 タイムリーに、聴いてました。
 それ以来、16年の間ずっと大好きなアルバムです。

 彼のキャリアの集大成であると同時に、彼の音楽を更なる高みが強く感じられます。
 発売直後のヒットチャート上の成績などを見ると前作 「Building The Perfect Beast」 に一歩譲りますが、長期間にわたって静かに売れ続ける結果となっています。
 この辺にもこのアルバムの魅力がじわりと出ていますよね。
 chikazoも、これからもずっと長い期間好きでいるであろうアルバムだと思います。
 
 始まりの 「The End Of The Innocence」 は、ブルース・ホーンズビーも自身のアルバムに同曲を収録されておりますが、甲乙つけがたく、どちらも最高です。
 2人の個性により、まるで違う曲のようですが、どちらもすばらしく、一言でいえば、ドンの曲はとても美しく、ブルースの曲はとても楽しいですよ。
 彼ら2人の魅力のよいところが融合してできた、奇跡の曲のように思えます。
 chikazoは、どちらのアーチストもとても大好きなんですが、この好きなふたりが作った曲ですから、夢心地のような、酔いしれてしまうほどよい曲に感じてしまいます。
 
 このアルバムのドンのほかの曲も素晴らしく、アルバム構成では、どれも欠かすことができない印象が強いです。
 演奏、ヴォーカルともに、彼の魅力にどっぷりつかってしまうことになってしまった1枚です。
 ここではテクノロジーの使い方がかなりやわらかく、結果、コンピュータ・サウンドを使っている割には、聴いた印象はかなりやさしく、落ち着いたものになっています。
 この辺は、彼のヴォーカルからにじみ出るやわらかさ、やさしさによるものでしょうか。
 

The End of Innocence / Don Henley

1.The End Of The Innocence
2.How Bad Do You Want It?
3.I Will Not Go Quietly
4.Last Worthless Evening
5.New York Minute
6.Shangri-La
7.Little Tin God
8.Gimme What You Got
9.If Dirt Were Dollars
10.The Heart Of The Matter


 なお、ラストに収められている 「The Heart Of The Matter」 はマイク・キャンベル、J.D.サウザーとの共作で、彼のファンのなかではソロ独立後のヘンリーの最高傑作に推す声も非常に高き名曲でもあります。

 chikazoも、このアルバムの最終に収められている 「The Heart Of The Matter」 がとっても大好きで、この曲によってこのアルバムの演奏が終了すると、なんだかさびしく感じてしまい、もう一度最初から聴いてしまう原因にもなっております。
 そう、そこでなぜかこのアルバムの10曲目→1曲目って自然にリピートしてしまうのが常です。まるで、これって、メビウスの輪ですね。当時、カセットのオート・リバースでも、全く違和感がなく、延々と聴いてしまってましたか。

 この 「The Heart Of The Matter」 は、昔の恋人に新しい恋人ができたことを知った男の心の動揺を描いたもので、失意や嫉妬をなんとか押しとどめ「赦す」という心境に達しようと格闘している姿が印象的です。

 さて、いよいよ、この5年後にイーグルスが再結成されることになります。
by chikazo-toto | 2005-11-05 15:12 | ようがく

涙を Get Away !


c0046587_1950361.jpg


 斉藤さおりさんは、1984年に 第3回ミス・セブンティーンコンテスト準グランプリ受賞されましした。
 実は、chikazoは、森川美穂さんとこの斉藤さおりさんは、大学時代の4年間は隠れキリシタンのように、洋楽好きの仲間に見つからないように、ひっそりこっそりと聴いておりました。
 だから、ひとりの車のなかでしか聴かないアーチストだったために(・・・ごめんなさい)、この2人のカセットを聴くと、車内にいる感じに戻れます。  

 さて、斉藤さおりさんは、7枚のアルバムが発売されているようです。
 
 1st 「Kiss me, Good bye」 (1986年)
 2nd 「BETTER DAYS」 (1987年)
 3rd 「I NEED YOUR LOVIN'」 (1987年)
 4th 「FOLLOW MY HEART」 (1988年)
 5th 「LADY」 (1989年)
 6th 「Loose」 (1990年)
 7th 「Love' Less」 (1991年)

 ちょうど活動期が、学生時代と全く重なるアーチストです。
 chikazoは、このうち、1st~3rd あたりまでを、レンタルしてカセット・テープでよく聴いていたように思います。
 このあたりの初期のものは、現在は廃盤になっているようなので、残念に思ってましたら、2nd「Better Days」が、本日、オフにありました。(しかも、新品同然!)
 
 また、ずっと聴けるという喜びでいっぱいです。


Better Days / 斉藤さおり

1.BETTER DAYS
2.地球よとまれ
3.瞳を閉じてDOWN TOWN
4.SEASON
5.ラスト・テ-マ
6.涙をGET AWAY(extra remixied version)
7.GEMINI(双子座)
8.夏へのFREE WAY
9.開き直ってBABY IT'S YOU
10.BE MY FRIEND


 1993年に、麻倉晶として 「ベイビーリップス」 で再デビューされたときは、ひそかにうれしかったですね。
 現在は、麻倉あきらと改名されて、6年ぶりに音楽活動再開されておられます。
 われわれ’80sとしては、いつもでも、彼女にがんばってほしいものです。
by chikazo-toto | 2005-11-03 20:16 | ようがく

c0046587_9135845.jpg


 コレを聴いていて・・・、シカゴとピーター・セテラをバラッドでつないでくれる架け橋的なアルバムに思えました。
 シカゴ~セテラを聴いてきた自分の経緯を振り返ると、なぜかホッをできるアルバムかもしれません。

 Peter Cetera の 「You're the Inspiration a collection」 です。

 ピーター・セテラのオリジナルアルバムは好きです。
 特にこないだからまた、聴きくことを始めた「ソリテュード~ソリティア」は大好きです。
 他のアルバムは、オフで収集しているのですが、まだ、これからじっくり聴いてゆきたいので、楽しみにとってあります。

 でも、やはり、chikazoにとっては、彼のこの路線が好きですね。
 シカゴ時代、初めてセテラに出合ったイメージにいちばん近いからかもしれません。

 また、なつかしいシカゴ時代の曲は、ちょっとカントリー調にアレンジされていたのが、とても新鮮でした。


You're the Inspiration : a collection / Peter Cetera

1.If You Leave Me Now [New Version]
2.Next Time I Fall
3.Do You Love Me That Much
4.Feels Like Heaven
5.You're the Inspiration [New Version]
6.I Wasn't the One (Who Said Goodbye)
7.She Doesn't Need Me Anymore
8.Baby, What a Big Surprise [New Version]
9.(I Wanna Take) Forever Tonight
10.After All
11.S.O.S.
by chikazo-toto | 2005-11-03 09:41 | ようがく


c0046587_2241550.jpg


 1989年、大学時代に発売になったアルバムでした。

 買おうと思っていたのですが、どっちかというとビートルズの僚友、ジョージ・ハリスンのほうに当時はハマってました。
 そうこうしているうちに、レンタルしないまま時間が過ぎてしまい、このCDも買わずに、卒業・就職となってしまいました。
 
 今回、やっと、ブック・オフで購入しました。
 17年ぶりなんですね。

 ポール・マッカートニー1989年のアルバム 「フラワーズ・イン・ザ・ダート」 です。 

 あらためて、手にとってみると・・・、キレイなジャケット・デザインです。 
 豪華な感じが、とってもよいですね。

 chikazoは、ポールは有名な曲くらいしか聴いたことがないので、これからじっくり聴いてゆきたいと思っているアーチストのひとりです。

 「My Brave Face」 から始まりますが、かなり若々しいですね、サー・ポール。この始まりはポップで、最高の始まりです。
 「You Want Her Too」 これは、コステロがいい味を出しています。ポールが若い。
 「Distractions」 では、ポールのソロに、酔います。これは名曲ですね。
 
 後半の 「Put It There」 これこそポールなんでしょうね。自分の持つポールのイメージそのものです。
 「Figure of Eight」 ラフですね。いいリズム感のある歌ですね。
 「This One」 さわやかなバンド・サウンドですね。
 

Flowers in the Dirt / Paul McCartney

1.My Brave Face
2.Rough Ride
3.You Want Her Too
4.Distractions
5.We Got Married
6.Put It There
7.Figure of Eight
8.This One
9.Don't Be Careless Love
10.That Day Is Done
11.How Many People
12.Motor of Love
13.Ou Est le Soleil

 
 スランプの人が、同じ仕事をしている人の一言の助言や、共に仕事をすることにより元気を取り戻す・・・。 そんな光景がここにもあったのかもしれません。
by chikazo-toto | 2005-11-02 22:35 | ようがく

Call me ! Call me !


c0046587_21171893.jpg


 カッコいいです! このジャケット・デザイン! 大好き!

 1981年発売のデボラ・ハリーのツヤっぽくてセクシーなヴォーカルが冴えまくるブロンディの初期・中期のベスト盤です。
 ニュー・ウェイヴ系が多くて、懐かしいです。
 当時、中学生か高校生でしたか・・・。 なんだこりゃ!(嬉) って感じでしたね。
 このバンドに恋に落ちるのにそんなに時間はかかりませんでした。

 「The Tide Is High」 と 「Call me」 は、どちらも大好きでしたが、同じバンドの歌とはとても思えませんでした。
 こんなにも曲々で、いくつもの顔を持っているのに、どんどんこのバンドが好きになってゆく・・・。
 このバンドがとっても魅力的だったんでしょうね。
 たしかに、このバンドにとても魅かれていたのは事実でした。

 ばらばらになるぎりぎりのところで、しっかりと、これをまとめているのは、やはり、デボラのあの魅力的なヴォーカルですよね。女性ヴォーカルでは一番好きかもしれないですね。

 
The Best of Blondie / Blondie

1.Heart of Glass
2.Denis
3.The Tide Is High
4.In the Flesh
5.Sunday Girl
6.Dreaming
7.Hanging On The Telephone
8.Rapture
9.Picture This
10.Union City Blue
11.(I'm Always Touched By Your)Presence Dear
12.Call Me
13.Atomic
14.Rip Her To Shreds


 うれしくも、オフにて発掘できました。(涙)
by chikazo-toto | 2005-11-01 21:44 | ようがく