人気ブログランキング |

秋の当麻寺を歩くコース ③

c0046587_2142480.jpg

 「師匠と歩いたコース」 のさらにつづき。
 奈良県石光寺からすぐ近くの九品寺界隈へと移動。

 そこで、真っ赤なお花のじゅうたんに遭遇。

  by camera:nikon fm2



 九品寺のお隣の空き地では、すっごい数の彼岸花が咲き誇っておりました。

 ちょうど、今がピークかな。

c0046587_21421190.jpg


 大きな木も、たくさんの彼岸花に囲まれています。

c0046587_21421690.jpg


 グリーンとレッドの色彩が、とても鮮やかでした。

c0046587_21422130.jpg


 はるか遠くには、大和三山。
 次の季節の主人公のススキが、お花に囲まれていました。
 
c0046587_21422796.jpg


 少しだけススキの穂がでていました。

c0046587_21423331.jpg


 かわいい彼岸花のつぼみです。

c0046587_21423896.jpg


 
 このあと、九品寺界隈をお散歩。

c0046587_21424541.jpg


 彼岸花は、水田の畦に多く見られます。

 これはネズミ、モグラ、虫など田を荒らす動物がその鱗茎の毒を嫌って避けるようにと、人手によって植えられたものだそうです。

c0046587_21425254.jpg


 つまり、まず、モグラの好物のミミズがヒガンバナを嫌って、この付近の土中に住まないそうです。

c0046587_21425886.jpg


 このために、彼岸花の近くにはモグラが来ないため、畑や田んぼの植物が守られているそうです。 田んぼの中のミミズも、ちょうど数が保たれているのでしょうか?

c0046587_2143321.jpg


 とってもきれいな、日本古来の景色でありました。

c0046587_2143952.jpg


 点々と咲く、赤い彼岸花。

c0046587_21431449.jpg
c0046587_21431995.jpg


 ちなみに彼岸花の花言葉。 
 「悲しい思い出」 「想うはあなた一人」 「また会う日を楽しみに」 だそうです。

c0046587_21432530.jpg


 
 このあと・・・一山超えて大阪府へ。

 お昼どきになりました。
 
c0046587_21433256.jpg
c0046587_21433753.jpg
c0046587_21434296.jpg
c0046587_21434755.jpg
 

 食事中に、ちょうどどしゃぶりの雨、雨、雨!

 ちょうど雨に遭遇せずに、たのしいお散歩ができてよかったです。

 お昼を過ぎて、師匠とはここでお別れ。

 「ありがとうございました」



c0046587_21435457.jpg


 大和三山のはるかにのぞむ、この九品寺の広場に咲く彼岸花。

 また、来年も訪れたいものです。

 まだまだ下手ですが、もっと上手になって年々、きれいに撮ってゆきたいです。

 あちこちで楽しみながら、ゆっくりゆっくり長い時間をかけて進んでゆきたいと思う。


 それがこれからの自分の 「長い目標」 です。
by chikazo-toto | 2008-10-07 22:03 | *師匠と歩いたコース