のんびり ing ~♪

c0046587_2272652.jpg

 これ・・・。
 なんだと思われますか?



 
今度はこれを、横から見た図です。 

c0046587_2275752.jpg


 これで・・・わかりましたよね!

c0046587_2274576.jpg


 こちら 「アーガスC3」 という、アメリカのカメラです。
 映画 「ハリーポッター」 にも登場した、独特のデザインを備え持っています。

c0046587_228712.jpg


 戦前の1939年にスタートした、アメリカ人に 「Brick(レンガ)」 という愛称で親しまれた家庭向きの箱型35ミリカメラ。

 戦後もその人気は衰えず、1966年まで製造されたロングランカメラ。

 レンガ型の長方形ボディに、様々なノブやボタンを付けて組み立てたようなデサインにはとっても愛嬌を感じずにはいられません。

c0046587_2282052.jpg


 動作は・・・といえば、とにかくアメリカらしい頑丈で単純なしくみ。
 手に取るととにかく、ずっしりと重いカメラ。



 さて、今日は午前10時頃にコスモスを見に、堺市の山手にあるハーベストの丘へ。

 現地へと向かう、その手には麦茶とこの 「アーガスC3」。
 まさに気分は、アメリカの中流家庭であります。

 それとこちら。
 
 当時のライバル(だった) ソ連のライカ・コピー 「ゾルキー3C」 (製造年1955年もしくは56年) も持ってゆきましょう。

c0046587_2283145.jpg


 どちらもちゃんと写ってくれるでしょうか・・・?
 どきどき、わくわく・・・。

 でもねえ。
 どちらもヤフー・オークションで数千円だったので、かなり不安が頭をよぎります。

 秋のコスモス畑。
 大量のデジカメ家庭人や少数派の一眼レフおじさんたちに混じって、こちらのクラシック・カメラで人目を少しだけ気にしながらも撮影を敢行して参りました。


 では、その成果です。
 まずは・・・。
 
 こちら 「アーガスC3」 で撮影したものです。
c0046587_2334839.jpg
c0046587_2335788.jpg
c0046587_2341027.jpg
c0046587_2342130.jpg


 次に、「ゾルキー3C」 で撮影したものです。
c0046587_2345377.jpg
c0046587_235241.jpg
c0046587_2351370.jpg
c0046587_235252.jpg


 ふふふ・・・。 カメラの腕はともかく。

 なんと、ちゃんと移りました~。
 うれしいですね。
 これでどちらも、まだまだ 「現役」 であることが証明されました。

 どちらも永く大事にしてあげて、これからも元気に活躍してもらいましょう。
by chikazo-toto | 2007-10-21 22:29 | かめら