人気ブログランキング |

飛騨・諏訪への旅 その⑤

c0046587_23535488.jpg

 開智小学校から、近くの松本城に移動しました。
 松本市内の中心部に、その天守閣があります。

 夏の空にお城がきれいに映えます。 きっとこのお城、雪景色もきれいでしょうね。



 
 山城ではないために、真正面に天守閣が見えます。
 市街地の建物と高さと同じ高さに天守閣があります。
c0046587_23541818.jpg

 白と黒のコントラストが、青空にきれいに映えます。
c0046587_23542996.jpg

 内堀の外側から眺めてみました。
c0046587_23543851.jpg

 お城のすぐ横の、蕎麦処の 「そば庄」 さんです。
c0046587_23544778.jpg

 実はこの帰り掛け。
 この暖簾を再度くぐったときに、お店の前でおもいっきりコケました。
 カメラとサイフを両手に持っていたため、手をつくことができずにコケなければいけないという、ヒサンな体験をしました。

 さて、やはり蕎麦処には蕎麦茶。
 蕎麦茶は好物です。
c0046587_23545646.jpg

 つれあいどの蕎麦です。 馬刺しが付いてます。
c0046587_23551378.jpg

 chikazo のざる蕎麦です。
 いなりはほんのり暖かく、蕎麦と併せて、とてもおいしかったです。
c0046587_23552268.jpg

 信州のお蕎麦って、やはり絶品なんですね。
c0046587_2355398.jpg

 食後、お城の周りをもう一度ぐるっと歩いてみました。
c0046587_23554943.jpg

 このあと一路、郊外の安曇野へ向かいます。
 まるで、このあたりの空間は森の中にある空間で、外界とは別世界です。
c0046587_23555895.jpg

 その森の中にある、有明美術館に立ち寄りました。
c0046587_2356756.jpg

 この美術館の2階は、ゆっくり休めます。
c0046587_23561599.jpg

 2階に上がったところの吹き抜けです。
c0046587_23562463.jpg



 「有明美術館」 さん

  長野県南安曇郡穂高町大字有明
  OPEN 9:00~17:00
  CLOSE 12月〜2月、営業期間中は火水休、8月無休
  TEL 0263-83-3701



 この美術館の近くの喫茶店 「ガルニ」 さんに行きました。
 ちょうど、お茶の時間になってました。
c0046587_2356365.jpg

 テラスに座りました。
c0046587_23565333.jpg

 ああ、涼しい・・・。 木々の陰はすずしく、気温も低いですね。
c0046587_2357314.jpg

 冷たくて、おいしいお水でした。
 飛騨もそうでしたが、この地方はお水がおいしいですね。
c0046587_2357119.jpg

 つれあいどのは、自家製のカラメルのケーキ。 
c0046587_23581817.jpg

 chikazo は、ベリー・タルト でした。
c0046587_23582791.jpg

 このテラス、そよかぜが、とても心地よく。
 きもちが落ち着いた、そんな時間をたっぷりとすごせました。
c0046587_23583735.jpg

 こうして1時間ほど休憩したあと 「ガルニ」 さんを後にしました。
c0046587_23584656.jpg

 そういえば、この森の中にあじさいが咲いていたことに気がつきました。
 やはり、かなり気温が低いのでしょうね。


 「ティータイムガルニ」 さん

  長野県安曇野市穂高町有明7366-17
  TEL 0263-83-7604
  OPEN  AM9:00~PM6:00
  CLOSE 毎週火曜日と毎月第2・第4月曜日



 安曇野は、松本市からそう離れてはいません。
 今回は移動に高速道路を使いましたが、使わなくてもそんなに移動には時間を要しません。
 郊外にこれだけの自然の空間を持つ町は、そんなにない気がしますよ。


 さて、次回 「飛騨・諏訪への旅 その⑥」 は、「キャンドル造りに挑む~諏訪のお宿に到着」 の旅記録の予定です。
by chikazo-toto | 2006-08-12 00:00 | おでかけ・岐阜