人気ブログランキング |

甘く 透明な声、バッツィ嬢。

c0046587_226565.jpg


 先日、ブック・オフで見つけた、懐かしい エイス・ワンダー の6曲入りのアルバム、「ブリリアント・ドリームス」です。

 絵画の色彩のように美しいジャケットです。

 ご存知ヴォーカルのパッツィ・ケンジット嬢(Patsy Kensit)は、1968年3月4日生まれ。chikazo と生まれが約1ヶ月しか違わないのですね。

 1曲目の 「浮気なテディ・ボーイ」 は、当時よく聴いてました。ノエビアのCMソングにもなりました。
 彼女の金髪にブルーの瞳が、とても印象的でした。かなりの男性が、PVでトリコになったものと思われます。ロックのリズムにのった、彼女の子猫のように甘く小悪魔的な声は、かなり衝撃的でした。
 今も、「スティ・ウィズ・ミー」 のPOPさが、あの頃、当時を思い出させてくれます。

 当時のバンド系の女性ヴォーカリストでは、ブロンディのデボラ・ハリー嬢とは、まさに双璧ですね。


Brilliant Dreams / Eighth Wonder

1.When The Phone Stops Ringing
2.Loser In Love
3.Open YourMind
4.Stay With Me
5.Will You Remember?
6.Having It All
by chikazo-toto | 2005-11-16 22:50 | ようがく