可憐なる シチダンカ

c0046587_20422050.jpg


 いま、紫陽花の花の咲くころ。




 
 お天気が曇りがちだった、昨日の土曜日と今日の日曜日。

 学生時代お出かけのときに聴いたなつかしいアルバムを手にして。
 雨に咲く紫陽花の花を愛でること、叶いました。
c0046587_20453355.jpg

 土曜日のお昼は、神戸の新長田駅近くで腹ごしらえであります。
c0046587_20454068.jpg

 こちらは洋食屋さんであります。
c0046587_2045456.jpg

 ビフカツを注文して、しばし待っておりますと・・・。
c0046587_20455096.jpg

 ほかほかのごはんとダシの効いたお味噌汁。
c0046587_20455574.jpg

 ビフカツ!
c0046587_2046227.jpg

 こりゃあ、壮観ですね。
c0046587_2046837.jpg

 赤身で・・・やわらかーいお肉です。
c0046587_20461355.jpg


 午後からは、六甲山の神戸森林植物園へ。
c0046587_20461846.jpg

 小雨は降ったり・・・止んだりでした。
c0046587_20462499.jpg


 ちょうど紫陽花の花は、咲き始めの頃でした。
c0046587_20464728.jpg

 雨の中にもかかわらず。
c0046587_20465291.jpg

 曇り空の下。
c0046587_20465728.jpg

 健気に咲いていました。
c0046587_2047378.jpg

 最初は・・・淡く。
c0046587_2047994.jpg

 徐々に・・・徐々に・・・自分の持つ鮮やかな色彩へと。
c0046587_20471450.jpg

 少しずつ進化し、自分の色を表現しながら、みごと一直線に目標に進んでゆきます。
c0046587_20471953.jpg

 毎年、少しずつではありますが。
c0046587_20472446.jpg

 その意味の持つ重さ、すばらしさ。
c0046587_20473017.jpg

 勝手なる自分流の解釈ではありますが・・・毎年、毎年、感銘を受けます。
c0046587_20473638.jpg

 毎年、逢いに行きたくなる花のひとつです。
c0046587_2047435.jpg

 
 このあと・・・更に、雨の降る山中へ。
c0046587_20474867.jpg

 ふと・・・足元に。
c0046587_20475335.jpg

 くぼ地のような場所に、あちこちに咲く小さな花。
c0046587_2048071.jpg

 華やかさはありませんが、可憐さがあります。
c0046587_2048618.jpg

 その花の名は・・・。
c0046587_20481272.jpg

 ヤマアジサイの仲間、シチダンカ(七段花) です。
c0046587_20481721.jpg

 幻のアジサイと言われるこの花は、花弁状の「がく」が八重状につき、淡い青色の花を咲かせてくれます。
c0046587_2048239.jpg

 日本らしい素朴な茶花の雰囲気があり、江戸時代には既に栽培されていたそうです。
c0046587_20482979.jpg

 この花は、シーボルトがヨーロッパへ紹介しましたが、見た人がいなくて、永らくのあいだ絶滅と思われていましたが、戦後こちらの六甲山で発見されます。
c0046587_20483510.jpg

 まさに幻の花の復活ですね。
 永い時間、誰の目にもふれることなくとも、ひっそりと雨中の山中で咲き続けたその健気さに感動しました。
c0046587_2048404.jpg

 


 さて翌日、日曜日。
c0046587_20484525.jpg

 昨年も訪れた、京都の岩船寺。
c0046587_20485185.jpg

 関西花の寺。 
c0046587_20485619.jpg

 ここはあじさい寺です。 
c0046587_2049169.jpg

 静寂なる境内。
c0046587_2049776.jpg

 フィルムカメラを手に、ぐるっと一周。
c0046587_20491382.jpg

 紫陽花の葉っぱの隅っこ。
 ちいさな、ちいさな、かたつむり君。
c0046587_20491885.jpg

 周囲は全て木に囲まれた、ここは別世界。
c0046587_20492430.jpg

 すばらしい場所です。
c0046587_20492929.jpg

 この頃、ぱらぱらと小雨が降り始めました。
c0046587_20493429.jpg

 すこし本堂で、休憩。
c0046587_20493954.jpg

 おばさんが休んでおられます。^^
c0046587_20494611.jpg

 雨音を効きながら、ずっと、眺めていたい風景です。
c0046587_20495142.jpg

 ここにも、かたつむりです。
c0046587_20495667.jpg

 雨に濡れると、紫陽花の花の色が生き生きと輝きますね。
c0046587_2050186.jpg

 では、参りましょう。
c0046587_2050632.jpg

 お昼はJR加茂駅の近くにある、蕎麦屋さんへ。
c0046587_20501211.jpg

 岩船寺とこのお店の取り合わせは、名コンビ。
c0046587_20501846.jpg



 一路、奈良街道を京都方面へ。

 紫陽花の穴場、一言寺です。
c0046587_20502342.jpg

 ガラーン。^^ 
c0046587_20502949.jpg

 ここは駐車場、入場も無料で、だれもいらっしゃいません・・・ラッキー!
c0046587_20503577.jpg

 すももの木のお出迎えを受けます。
c0046587_20504191.jpg

 この頃、少し陽射しが・・・。
c0046587_20504589.jpg

 ここは、まさに身頃。
c0046587_20505187.jpg

 人がいないので、じっくりクラカメで撮影できました。
c0046587_20505618.jpg

 雨の滴に濡れる紫陽花。
c0046587_2051086.jpg

 とってもきれいでした。
c0046587_2051699.jpg

 ブルーがきれい。
c0046587_20511120.jpg

 静かなる境内。
c0046587_20511611.jpg

 ここの場所はずっと、これからもこのままなんでしょうね。
c0046587_20512114.jpg

 境内の横に可憐な紫陽花を発見しました。
c0046587_20512798.jpg
c0046587_20513252.jpg
c0046587_20513977.jpg
c0046587_20514365.jpg
c0046587_20514955.jpg

 雨だったけど、紫陽花三昧な休日でありました。
c0046587_20515473.jpg


 紫陽花のフィルム現像・・・うまく写ってて欲しいなあ。
by chikazo-toto | 2011-06-19 21:16 | おでかけ・京都