<   2005年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧


 マンガ 「東京エイティーズ」 と、タイアップしたコンピ 「東京エイティーズ」 が、2003年に東芝EMIから発売になっています。



 今日は、その2曲目、「パワー・オブ・ラヴ」 ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース の紹介です。

 Power of Love / Huey & News Lewis
c0046587_23161968.jpg

 1984年に4曲もの全米トップ10を生み出した全米NO,1アルバム「スポーツ」で一躍アメリカを代表するバンドに成長したサンフランシスコのロックンロール・バンド、 ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースが、翌85年に放った彼らにとっての初のNO,1ソング。
 この曲はあの人気映画「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」のテーマ曲として熱烈に愛され、この映画がパート3まで続く人気シリーズになればなるほど、ずっと愛され続ける1曲となった。
 この映画で一躍人気者となった主演のマイケル・J・フォックスの顔を見ると、この曲が頭の中でフラッシュ・バックする人も世界的にかなり多いはすだ。



東京エイティーズ / オムニバス
 
 1.ザ・リフレックス / デュラン・デュラン
 2.パワー・オブ・ラヴ / ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
 3.堕ちた天使(センターフォールド) / J・ガイルズ・バンド
 4.モダン・ガール / シーナ・イーストン
 5.君は完璧さ / カルチャー・クラブ
 6.ネバーエンディング・ストーリーのテーマ / リマール
 7.君はToo Shy / ガジャグーグー
 8.チャイナ・ガール / デヴィッド・ボウイ
 9.彼女はサイエンス / トーマス・ドルビー
 10.ファシネーション / ヒューマン・リーグ
 11.サム・ライク・イット・ホット / ザ・パワー・ステーション
 12.オン・ザ・ビート / BB&Qバンド
 13.アブラカダブラ / スティーブ・ミラー・バンド
 14.愛に抱かれた夜 / カッティング・クルー
 15.スレイヴ・トゥ・ラヴ / ブライアン・フェリー
 16.ハッピー・エバー・アフター / ジュリア・フォーダム
 17.愛のセレブレイション / PEABO BRYSON、ROBERTA FLACK
 18.君の瞳に恋してる / ボーイズ・タウン・ギャング 
by chikazo-toto | 2005-12-30 23:16 | ようがく


c0046587_22183361.jpg


 マンガ 「東京エイティーズ」 と、タイアップしたコンピ 「東京エイティーズ」 (以前の記事 CD編 マンガ編 )が、2003年に東芝EMIから発売になっています。



 今日は、まず、その1曲目、「ザ・リフレックス」 DURAN DURAN の紹介です。

 Seven & The Ragged Tiger / Duran Duran
c0046587_22461515.jpg

 1980年代前半において、日本でもっとも高い人気を博したロック・バンドが、このイギリスはバーミンガム出身の5人組シンセ・ポップ・バンド、デュラン・デュラン。
 ロック史上稀に見るほどの美貌と、母性本能をくすぐる王子様のようなファッション・センス、冒険映画のようなPVをもってアイドル的な人気を博した彼らだが、ヨーロピアンな妖艶さをファンク・ビートを絶妙に融合させたサウンドでも定評があった。
 この曲は1984年の夏に放った、彼ら最大のヒット・チューンであり、英米ともにNO,1に輝いた名曲。
 日本でも自身が出演するサントリーのCMソングとしてもおなじみだった。
 彼らはこのほど18年ぶりにオリジナル・ラインナップで再結成。
 2003年7月には日本ツアーを行い、各公演を軒並みソールド・アウトさせるなど、現在に至る根強い人気と影響力の大きさを示した。



東京エイティーズ / オムニバス
 
 1.ザ・リフレックス / DURAN DURAN
 2.パワー・オブ・ラヴ / ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
 3.堕ちた天使(センターフォールド) / J・ガイルズ・バンド
 4.モダン・ガール / シーナ・イーストン
 5.君は完璧さ / カルチャー・クラブ
 6.ネバーエンディング・ストーリーのテーマ / リマール
 7.君はToo Shy / ガジャグーグー
 8.チャイナ・ガール / デヴィッド・ボウイ
 9.彼女はサイエンス / トーマス・ドルビー
 10.ファシネーション / ヒューマン・リーグ
 11.サム・ライク・イット・ホット / ザ・パワー・ステーション
 12.オン・ザ・ビート / BB&Qバンド
 13.アブラカダブラ / スティーブ・ミラー・バンド
 14.愛に抱かれた夜 / CUTTING CREW
 15.スレイヴ・トゥ・ラヴ / BRYAN FERRY
 16.ハッピー・エバー・アフター / ジュリア・フォーダム
 17.愛のセレブレイション / PEABO BRYSON,ROBERTA FLACK
 18.君の瞳に恋してる / ボーイズ・タウン・ギャング 


 なお、CDの中はこんな感じです。
 アニメの主題歌のCDであるかのような装いですが、収録曲は、なかなか、あなどれませぬぞ!
c0046587_22192780.jpg

by chikazo-toto | 2005-12-30 22:22 | ようがく

c0046587_20585765.jpg



 槇原 敬之 さん の 「Listen To The Music 2」 シリーズ。


 8曲目は、おなじみの 「Time After Time」 Cyndi Lauper です。

 シンディ・ローパーはマドンナと並ぶ ’80年代のアメリカン・ポップス・シーンのヒロインのひとり。
 どちらかというと、セックス・シンボル的な印象の強いマドンナとは対照的に、コミカルなキャラクターとハデハデ・ファッション、それでいて人情味とペーソスが持ち味の彼女。
 彼女は、ちょうど ’80年にバンド 「Blue Angel」 のボーカルとしてデビュー。 ’83年、グラミー賞最優秀新人賞他、数々の賞を総なめにし、’85年 『We Are The World』 に参加します。 ’90年には、NHK紅白歌合戦出場。中継ではなく来日しての出演でした。

 この曲は ’83年の代表作でした。 槇原さんのふわりとしたヴォーカルとマッチして、とても良い出来に仕上がってます。


槇原 敬之 さん からこの曲に関するメッセージ。

 「ずっと前から良い歌だなあと単純に思っていた曲です。
  でも、内容的にはどういう歌なのかまではわかっていなかったんですよ。
  今回こうやって自分で歌おうと思って聴き直して、実際に作ってみてこんなに良い歌なんだと思った。
  タイム・カプセル的な歌というのかな。ドラえもん的なところがある。
  自分のことを心配そうに見ている人に対して、逆に強がっているというか、心配している人のことを気遣っているというか。
  反対にあなたが落っこちそうになったら、私が必ずそこに居てあげるって言っているような感じかな。
  シンディー・ローパーってとっても好きなんですよ。
  可愛くて、それもただ、あどけないだけじゃない。
  彼女自身、ドメスティック・バイオレンスとか苦しんだ経験があって、本当に音楽に助けられたことがあるんだと思うんです。
  その彼女が伝えたかったのが、こういうことなんでしょうね。
  サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」に近い感じがしたんですよ。
  愛する人を見る究極の視線を感じる歌です。
  親と子の歌とも聴けるし。」


Listen To The Music 2 / 槇原 敬之 さん

1.Smile / Nat King Cole
2.Your Song / Elton John
3.野に咲く花のように / ダ・カーポ
4.traveling / 宇多田ヒカル
5.I Will Be Here For You / Michael.W.Smith
6.Forget-me-not / 尾崎豊
7.島育ち~人の歩く道~ / 山弦
8.Time After Time / Cyndi Lauper
9.言葉にできない / オフコース
10.ヨイトマケの唄 / 美輪明宏
11.ファイト! / 中島みゆき
12.ごはんができたよ / 矢野顕子
13.見上げてごらん夜の星を / 坂本九


 次回はアルバム 9曲目の 「言葉にできない」 オフコース です。
by chikazo-toto | 2005-12-30 21:25 | ようがく


c0046587_161213.jpg


 今年2005年も、いよいよ、あと残り2日となりました。

 昨日は、事務所の同僚と2人で2件(韓国鍋屋さんとバー)をハシゴして、遅い帰宅だったため、朝遅めの目覚めとなってしまいました。

 しばらくして、年内にとどくかなあ?と思っていたビリーのボックス・セットが到着してました。
 かなり、重量感もあり、大きいセットです。

 ボックスの表面・・・。
c0046587_16164388.jpg

 ボックスの裏面・・・。
c0046587_16171571.jpg


 ビリーファンには、もうそりゃあ、たまらない内容です。
 それと、邦盤は、来年早々に発売の予定ですよね。

 これから聴いてゆきたいと思います。
 ・・・先に、毎年の今日恒例の大掃除してから・・・ですね。
by chikazo-toto | 2005-12-30 16:06 | ようがく


c0046587_23492444.jpg


 ヒット曲 「最後の雨」 (以前の記事) の印象が非常に強い中西保志さんですが、それ以外にも、良い曲はたくさんあります。 
 
 また、バラード以外にも、聴きごたえがある曲がたくさんあります。

 このアルバム 「プレジャー」 は、ちょっとアップ・テンポなスタートを見せるアルバムです。

 オフではこのアルバムは、新品に近いような状態で250円でよくみかけます。
 先週、黄色いシンプルなジャケットがいたく気にいったので買っきて、先ほど仕事から帰宅してから、くりかえし聴いております。

 「唇のかたち」 「オールウェイズ」 あたりでは、しんみりとする、すばらしいバラッドを披露してくれます。 

 特に chikazo のお気に入りは、この 「唇のかたち」 って歌です。 
 これが、私の中では 「最後の雨」 と甲乙つけがたい、とってもいい歌なんですよ!

 是非、オフか中古市場で発掘して、聴いてみてください。

 また、「アマゾンの中古市場」 でも、かなり安い!
 ずっと、聴き続けていきたいと思えるCDであり、彼の内面は熱く、かざらない生き方にあこがれます。
 
  「唇のかたち」 「最後の雨」 ・・・。

 ともに、ひとを強く愛する歌ですが、なぜ・・・、「ひとを強く愛すこと」 そのことを忘てしまうことに対する怖さというものを、中西さんの歌は、こんなにも感じさせるのでしょうか・・・?


PLEASURE / 中西保志

 1.ジャスト・ビー・フレンズ
 2.未完成~ラウンド・スケッチ
 3.唇のかたち
 4.レット・イット・ビー,レット・イット・ゴー
 5.オールウェイズ
 6.幸せのまえぶれ
 7.わすれもの
 8.エヴァーラスティング・ストーリー
 9.ワンダラーズ
 10.フィーネ
by chikazo-toto | 2005-12-28 22:58 | ようがく

想い出にかわるまで 。


c0046587_0372452.jpg


 大学時代にスタ・レビをはじめて聴いて、ヴォーカルの根本要さんのオペラ歌手のような高音域にわたる声と声量に圧倒されました。

 また、最近では、特に 「木蘭の涙」 の感動的な歌詞にも圧倒されました。

 スタ・レビの数あるアルバムの中では、ちょうど大学時代に聴いていた「RENDEZ-VOUS」 という1988年のアルバムが、特に印象に残っています。

 この思い出深いアルバムは、2002年にリマスターされ、再発売されているのがうれしいですね。

 たくさん発売されているスタ・レビのベスト盤のうちのひとつ、オフで買った 「Best Wishes」 を何気なく聴いていて、当時をなつかしく思い出し、「RENDEZ-VOUS」 のリマスター盤を、来年になったら買おうかなあ・・・と思い、さっき、アマゾンの買い物カゴに 「RENDEZ-VOUS」 をエントリーしておきました。


Best Wishes / スターダスト・レビュー

Disc 1
 1 シュガーはお年頃
 2 銀座ネオン・パラダイス
 3 ブラックペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス
 4 トワイライト・アヴェニュー
 5 夢伝説
 6 想い出にかわるまで
 7 Single Night
 8 6月のジングル・ベル
 9 今夜だけきっと

Disc 2
 1 もう一度ハーバーライト
 2 心の中のFollow Wind
 3 One More Time
 4 メビウスの瞳
 5 Stay My Blue-君が恋しくて-
 6 Northern Lights-輝く君に-
 7 夏のシルエット
 8 Be My Lady
 9 Lonely Snow Bird
 10 君のキャトル・ヴァン・ディス
by chikazo-toto | 2005-12-28 00:05 | ようがく

A Woman Needs Love ・・・ 。


c0046587_22153839.jpg


 ブック・オフで買った、レイ・パーカー・ジュニアの 「グレイテスト・ヒッツ」 です。

 わたしたちMTV世代には 「ゴーストバスターズ」 の印象が強いのですが、みなさんのブログで彼のアルバムが紹介されているのをちょくちょく拝見させていただいていて、今回、初めて買ってみました。

 メロディがとてもよくて、非常に気持ちいいアルバムです。

 個人的には、「ゴーストバスターズ」 のヒットがなければよかったかも・・・、とも、聴いていて、ふと思ってしまいました。
 もっと違う層のファンによって、深く聴きこまれていく方向をたどったかもしれません。
 彼にしかない、独特のジャンルの良質なメロディが、彼のアルバムには、たしかに存在するような気がしました。

 このウキウキするオシャレなメロディには、なぜか、心弾みますね。

 ほかにも彼には、たくさんのベストやオリジナル・アルバムもあるので、これから聴いてみたく思いました。
 
 探してみよう・・・。


Greatest Hits / Ray Parker Jr.

 1.The Other Woman
 2.You Can't Change That
 3.Let Me Go
 4.A Woman Needs Love (Just Like You Do)
 5.Jack And Jill
 6.Bad Boy 
 7.Two Places At The Same Time
 8.For Those Who Like To Groove
 9.That Old Song
 10.The People Next Door
by chikazo-toto | 2005-12-26 22:38 | ようがく


c0046587_20263192.jpg


 アコースティックサウンドで注目される女性ボーカリストの鈴木祥子さん。

 chikazo の短いブック・オフ探索経験では、関西地区では彼女のアルバムは、ほとんどのブック・オフでは、750~1350円 の価格帯なのかなあ と思っていたのですが・・・。
 クリスマスの今日、近所の 安棚 (250円~750円) と 普通棚 (1000円~) の区切りのない店舗で、彼女のアルバム3枚が全て250円だったので、もしかして買い時かな?と思い、ごっそりと買ってきました。

 大学時代以来、ずっと、オリジナルを聴きたかったアーチストだっだしね。

 その3枚のうちの1枚。 これは、鈴木祥子さんのサードアルバム。

 パーカッション奏者でもある彼女独特の、「はっきりした世界」 が広がってきます。
 ひんやりとした孤独の中を表現する歌詞の存在感が大きくと、そこに、孤独でさみしそうでいながら芯のしっかりした彼女のボーカルが噛み合って、悩み事なんかがあったときには心にじんわりとはいってくる、すばらしいアルバムです。

 遊佐未森さんとともに、ネオアコースティック派女性シンガーといわれる鈴木さん。
 より幻想的な遊佐さんより、もう少し歌詞から連想させる世界と情景は現実的かもしれません。

 彼女は、ちょうど chikazo が大学時代だった1988年にデビュー。
 このデビューから97年の8作目までエピック在籍時代のベスト・アルバムも2005年3月に発売になっています。
 
 さすがに、こちらはオフでは見かけにくいのでしょうね。 だいちゃん。


風の扉 / 鈴木祥子さん

 1.風の扉
 2.愛はいつも
 3.スウィート・スウィート・ベイビー
 4.ステイション・ワゴン
 5.ささやかな奇跡
 6.夢の庭で
 7.サークル・ゲーム
 8.危ない橋
 9.ひとりぼっちのコーラス
 10.雪の夜に

 「愛はいつも」 は、よく聴いていましたね。
 彼女の声は大好きです。

 声からは孤独な感じがするのですが、なぜか不思議と、勇気がでてくるんです。



(追記) あとの2枚はコレ。 お正月休みにゆっくり聴けそうです。


c0046587_22434980.jpg

あたしの旅路 / 鈴木祥子さん



c0046587_22425888.jpg

Radio Genic / 鈴木祥子さん
by chikazo-toto | 2005-12-25 20:43 | ようがく


 昨日は、お仕事でお客さん(事務所の顧問先さん)廻りの合間に昼食をとりました。
 ちょうど、場所が西区のほうだったので、「あの店、今日は開いてるかなあ・・・。」 と、おそるおそる行ってみました。
 おなかペコペコ。 ああ、よかった、開いてました。
c0046587_17361931.jpg

 土曜日の午後などに、ひとりでお昼をとりに行く 「一心亭」 さんです。
c0046587_1736476.jpg

 大阪の堀江などの流行色はあまりないけれど、レトロで落ち着いた感じがとても大好きです。
c0046587_17355180.jpg

 カツレツとエビフライが両方とも大きくて、付け合せは隠れてます。
 ジャガイモがほとんどのポテトサラダとなつかしい感じのスパゲティと大好きな茹でたキャベツです。
c0046587_1735366.jpg

 やっぱりこういったお店は、肩がこらず、家庭的な感じがして、ほっと気持ちが落ち着きます・・・。

 この 「一心亭」 さんは、老舗の洋食屋さんです。
 場所は、大阪市西区九条1-25-2。 創業は、なんと、大正12年の老舗です。
 さっくりした歯ごたえが小気味よい、モモ肉をコーンフレークで包んだビーフカツが、この店の最大の目玉です。

 がんばってるマスターと料理を持ってきてくださるおばさんに力をもらえました。

 今年もあと少しです。 ・・・ 今年もしんどかったけど、あと残りの日々、全力でぶちあたって行きましょか!
by chikazo-toto | 2005-12-25 17:25 | ごはん


c0046587_22203754.jpg


 今日は、クリスマス・イヴですね。
 やっと、帰宅して、自宅でゆっくりとすごしております。
 
 この、シカゴのクリスマス・アルバムは、明るくて好きですね。
 この時期になると、必ず聴きたくなります。

 さて、シカゴの制作したクリスマス・アルバムは2つあります。
 1つ目は、25作目にあたる 「シカゴ25~クリスマス・アルバム~」 です。これは1998年に発表されました。
 もうひとつは、その5年後の2003年に発売されています。
 それがこの 「CHICAGO CHRISTMAS ~ WHAT'S IT GONNA BE, SANTA ?」 です。
 ちなみに、こちらの国内盤は未発売です。
 前者からは、タイトルやジャケット・デザインが変更になっています。
 後者には新録音曲の6曲が、新たに含まれています。また、曲順も一部変更になっています。
 なお、このプロデュースを手掛けたのは、あのフィル・ラモーンです。

 この楽しさは、子供の頃に戻れますね。
 演奏するシカゴのメンバーの笑顔が浮かんできます。

 このアルバムの、厚紙のカヴァーの中のプラケースです。
c0046587_22211130.jpg

 CDも企画物らしく、クリスマス仕様です。
c0046587_22222543.jpg

 おなじみのジャケット・デザインの象徴であるChicagoのマークはシュプールで描かれています。
c0046587_22213651.jpg



Christmas: What's It Gonna Be Santa? / Chicago

 1.Winter Wonderland
 2.Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!
 3.Jolly Old St. Nicholas
 4.Little Drummer Boy
 5.This Christmas
 6.Feliz Navidad 
 7.Bethlehem
 8.Christmas Song
 9.O Come All Ye Faithful
 10.Rudolph the Red-Nosed Reindeer
 11.Have Yourself a Merry Little Christmas
 12.Sleigh Ride
 13.Silent Night
 14.What Child Is This?
 15.Christmas Time Is Here
 16.God Rest Ye Merry Gentlemen
 17.Santa Claus Is Coming to Town
 18.Child's Prayer
 19.One Little Candle
 20.White Christmas


 さて、余談ですが、シカゴのニュー・アルバム 「XXX」 の発売予定日がほぼ決まったようですよ! 久々の新作 「CHICAGO XXX」 は、2006年2月28日発売予定だそうです。 
 (延期にならないことを、ひたすら祈りましょう。)
 アマゾンでは、すでに、予約を受け付けております。

 シカゴの新曲入りアルバムとしては、この 「CHICAGO CHRISTMAS ~ WHAT'S IT GONNA BE, SANTA ?」 (2003年) 以来の3年振りになります。
 なお、これはクリスマス用の企画盤でした。
 企画物ではなく、普通に新曲を収録したアルバムということでは、「BACK TO YOU」 を収めた 「CHICAGO XXVI LIVE IN CONCERT」(1999年)以来、7年振りということになります。
 なお、これは主軸はライヴ盤であり新曲の数も少なかったです。
 企画盤でもなく、ライヴ盤でもなく、全曲スタジオ録音された新曲で構成される新作としては、なんと、あの 「TWENTY 1」(1991年) 以来、実に15年振りということにりますね。

 そんなに、長い間、シカゴの新曲を聴いていなかったのですね。

 また出会うことはないと思い、ちょっとあきらめかけていた 「シカゴの新作」 に出会えるかもしれない、そんな、よろこびで今はいっぱいです。

 
  では、 Marry Christmas ・・・。
by chikazo-toto | 2005-12-24 22:55 | ようがく