「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧


c0046587_2228673.jpg


 こころがとっても暖まるバラッド集です。

 1992年、大好きな伊豆田洋之さんの chikazo にとって最高のアルバムです。
 いちばん好きなひとと、たとえば、夕食のあとのドライヴでおしゃべりを止めて、いっしょにしっとりと聴きたいアルバムです。

 聴くと、いつも、この人のこの声で、英詩の歌が聴きたいなあ・・・といつも思います。

 佐藤竹善さんや槙原敬之さんみたいに、彼にも他のアーチストのカヴァーアルバムがあるといいでしょうね。

 またまた、今日もブック・オフの安棚で、あまりにきれいな状態(新品のよう)なので買ってしまいました。

 いちど、聴いてほしいアルバムです。


ドリームズ~バラードセレクション / 伊豆田洋之

1.アルゴ
2.イン・ユア・ライフ
3.ジャスト・ワン・キス
4.夢のふるさと
5.フォー・ユー
6.ラヴ・ライフ
7.イン・ユア・アイズ
8.グラデュエイション
9.オン・ザ・ホライズン
10.迷路
11.メイビー・マイ・ラヴ
by chikazo-toto | 2005-09-30 22:29 | ようがく


 
c0046587_0123792.jpg

 
 先日、楠瀬 誠志郎 さん の バラッド・アルバム 「Zutto Zutto・・・」 をブック・オフで見つけました。(価格の安いほうの棚で250円でした。)

 このバラッド・アルバムの発売は1994年で、非常に残念ながら、廃盤(あまし使いたくない言葉ですが・・・)となってます。
 
 当時、買いたかったのですが、つい日が過ぎ、買いそびれてました。
 10年ぶりに聴きました。(楠瀬さん、どうも、すみません。)

 この頃、「ほっとけないよ」 という曲もヒットしましたよね。
 chikazo は、「星が見えた夜」 「君の選んだ小さな傘」 なんかは好きだったんでよく聴いていました。
 
 彼の澄んだ声と、せつなさいっぱいの歌詞とメロディのブレンドに、心うたれない人はいないのでは・・・と、つい思ってしまいます。

 今夜も聴いています・・・。


楠瀬誠志郎 「Zutto Zutto・・・」

1 Always
2 季節がとうりすぎても
3 星が見えた夜
4 君のせいじゃないさ
5 天使の消えた聖夜
6 夢のふたり
7 夕凪
8 君の選んだ小さな傘
9 僕がどんなに君を好きか,君は知らない
10 抱きしめてくれよ
11 もうひとりぼっちはたくさんだよ
12 君がページをめくる時
13 きっと何処かで
14 ありがとう
15 タンポポのお酒の栓あけたら
16 ここに居るから
by chikazo-toto | 2005-09-30 00:12 | ようがく


c0046587_2254726.jpg


 先月、発売になった ヒラリー・ダフ の ニュー・アルバム です。
 FMラジオで聴いて、ずっと耳に残っていたアーチストでした。
 初めて聴いた感覚が、80年代にデビー・ギブソンを聴いていた頃とダブり、あの頃をふと思い出してしまいました。

 う~ん、かわいいですね。 特に声の幼さが、デビーをはじめて聴いた感覚ににています。
 
 彼女は15歳に歌手としてデビュー。 Metamorphosis が大ヒット。
 1987年9月28日ヒューストン生まれらしいから、アヴリル・ラヴィーンよりもひとまわり若いでですね。

 しばらく、車と電車で聴いていたいと思ってます。
 このティーンズ・ポップの部門は、ふりかえれば、長い間、聴いていなかったので、新鮮です。

 
Most Wanted / Hilary Duff

1.Wake Up
2.The Getaway
3.Beat Of My Heart
4.Come Clean (Remix 2005)
5.Mr. James Dean
6.So Yesterday
7.Metamorphosis
8.Rock This World (Remix 2005)
9.Break My Heart
10.Fly
11.Girl Can Rock (Remix 2005)
12.Our Lips Are Sealed
13.Why Not (Remix 2005)

c0046587_2282873.jpg


アマゾン川のほとりに行く → 試聴
by chikazo-toto | 2005-09-28 22:19 | ようがく

c0046587_2391037.jpg


 とうとう9/28発売ですね。

 槙原さんのカヴァー集の2作目。
 ちなみに前作の Listen To The Music はこんな曲目でした。

 蒼い月の夜~Lady In Blue
 海と少年
 秋の気配
 Rain
 ミス・ブランニュー・デイ
 君に,胸キュン。
 David
 朧月夜
 春よ,来い
 MONKEY MAGIC
 空と君のあいだに
 月の舟

 どれもこれも偏りのない、すばらしい選曲ですね。
 「なんで、僕の好きな歌を知ってるの?」って思ってしまいますね。

 今回の続編もすばらしい選曲です。
 洋楽も入ってますよ。
 chikazo は、とくに 「島育ち」 「ファイト!」 「ごはんができたよ」 を早く聴いてみたいですね。
 ほんわかした気持ちに・・・そしてなりよりも彼の歌を聴いて、元気な気持ちになりたいですね。


Listen To The Music 2 / 槇原 敬之 さん

1.Smile / Nat King Cole
2.Your Song / Elton John
3.野に咲く花のように / ダ・カーポ
4.traveling / 宇多田ヒカル
5.I Will Be Here For You / Michael.W.Smith
6.Forget-me-not / 尾崎豊
7.島育ち~人の歩く道~ / 山弦
8.Time After Time / Cyndi Lauper
9.言葉にできない / オフコース
10.ヨイトマケの唄 / 美輪明宏
11.ファイト! / 中島みゆき
12.ごはんができたよ / 矢野顕子
13.見上げてごらん夜の星を / 坂本九
by chikazo-toto | 2005-09-27 23:10 | ようがく



 二つ下の記事(Daniel Powterのデビューアルバム)で、リンクさせていただいた sarah さん におしえてもらったサイト。

 あなたの、真の名前を教えてくれます。
 昨晩も遊んだのに、今晩も ヒーヒーいって笑ってます・・・。

 ちなみに、chikazoは・・・・

   漢字入力(姓名)    →  石丸亜門
   漢字入力(名姓)    →  長谷川海斗
   ローマ字入力(姓名) →  渡辺雄大
   ローマ字入力(名姓) →  石川拓海

 となりました・・・。
 ううむ、そろそろ、人生心機一転せねば・・・の時期!

 では、「石丸亜門 (いしまる あもん)」 Ishimaru (round stone) Amon (asian gates) の名前で出直しをはかります!(嘘)

 いま、友達の名前を入れて、遊んでます。(笑)
 みなさんも、退屈している人は・・・、ぜひ、ど~ぞ!

              →  あなたの本当の名前
  
 新しい名前 が 猿渡 三千代(さるわたり みちよ) さんこと sarah さん。
 ありがとう。 お互い新しい名前でがんばろう!(嘘)
by chikazo-toto | 2005-09-26 22:37 | つぶやき

c0046587_18262124.jpg


 買い物に夕方、イオンに行きました。
 イオンの中にあるタワー・レコードで、ひとりのアーチストにすいよせられてしまいました。

 名前は、ダニエル・ポーター ・・・と、あります。
 カナダ生まれの34歳。
c0046587_18243839.jpg

 ピアノの音色がとってもきれいなのですが、ただ、その音を上手にあやつり、アレンジする力があり、絶品です。
 シングル 「Bad Day」 は海を超えて、フランス、ベルギー、スイス、オランダ、そしてドイツでのチャート1位を獲得したそうです。
 ブレイクのきっかけは昨年のクリスマスにフランスで、コカ・コーラのCMでこの曲が使われたことらしいですね。
 今年のベルリンのライブ8にも招待され、大観衆の前、 「Bad Day」 を熱唱しました。
 また、パリのミュージック・フェスティバルにも出演し、高い支持を得たようです。

 幼少期頃より、母親にバイオリンを習わせられて、14歳の頃に、ピアノに転向したそうです。
 また、彼のお気に入りのミュージシャンは、エルトン・ジョン、フリートウッド・マック、ビートルズ...。 う~ん。すばらしい・・・。
 そういえば、曲中、どこかなつかしいビートルズの風も・・・感じられます。
 10代の後期、夢をかなえるために、ヴィクトリア、バンクーバーと移住し、やっとアメリカのワーナー・ブロスと契約するものの、それからは、ながい苦節の時代を迎えます。
 ヨーロッパから全世界で花開きつつある今、これからの活躍が楽しみです。

 もしかすると、日本にも、ダニエル・ポーターの波が押し寄せてくるかもしれませんね。
c0046587_18234488.jpg


Daniel Powter / Daniel Powter

1.Song 6
2.Free Loop
3.Bad Day
4.Suspect
5.Lie To Me
6.Jimmy Gets High
7.Styrofoam
8.Hollywood
9.Lost On The Stoop
10.Give Me Life


 きれいなピアノを、みなさんも、一度、どーぞ。
 Daniel Powter official site
 このサイトに行ってすぐに流れる曲は 3.bad day です。
 このサイトに行って、右上のfree loopの選曲からアルバムの1~4曲目の各曲が聴けます。癒されるピアノのヴォーカルが・・・流れてきます。(涙)

 みなさん、ぜひぜひ聴いてみてくださいな。

 どうですか・・・?

 ひどく落ち込んだ日(bad day)に、きっと心をいやしてくれる・・・。
 chikazo にはそんな気がしました。
 サイト内のPVもよかったです。

 アマゾン川のほとりに行く → 試聴



by chikazo-toto | 2005-09-25 18:27 | ようがく


 久しぶりに、ゆっくりとした午後を過ごしてます。
 休日にしては、めずらしく早寝早起きしたせいか、一日が長く感じられます。
 
 昨日、ブック・オフの安い価格の棚のほうで見つけたなつかしいCDがありました。
 今日は、ちょっと台風の影響で荒れた海の風音を、びゅうびゅうと感じながら、2枚のCDを聴いてます。

 1枚目、HUEY LUWIS & THE NEWS の 「FORE!」 (250円) は録音テープはあったのですが、CDは持ってませんでした。
c0046587_1347386.jpg

 2枚目、ABC の 「SKYSCRAPING」 (250円) は初めて聴くことになります。
c0046587_1347473.jpg


 どちらのCDもケースにほとんどキズがなく、ピカピカです。
 もったいない・・・気もしますね。
 前所有者さんは、テープにとって聴き込んだのかしらん。
 さて、これから、聴き込んであげないと・・・ね。
by chikazo-toto | 2005-09-25 14:00 | ようがく

恋の呪文は 「SYSLJFM」 ♪


 
c0046587_549615.jpg


 3連休の真ん中、この土曜日はお昼までの仕事でした。

 帰り途、高速道路を使わずに国道を大阪市内から和歌山方面に向けて、ゆっくり帰ってきました。
 途中、住之江区内で開店セール中のブック・オフを発見したので、入ってしまいました。

 そこで思いがけず、なつかしいアルバムのジャケット・デザインに会えました。
 彼は、自分にとって80年代に欠かすことのできないアーチストです。
 ブレイクした頃の彼、ポール・ヤングの魅力が詰まっているアルバムでした。
 最近、彼の歌はベスト系しか聴いていなかったので、いま、とっても新鮮な感覚です。

 1曲目~5曲目、11曲目と12曲目がカバー曲で、6曲目~11曲目がオリジナルという初めてのひとでも聴きやすい構成となってました。
 ホール&オーツやトム・ウエイツなどの実力派シンガーの曲を、独自の世界観で歌い上げています。
 
 あの頃を、懐かしく思い出せるアルバム・・・、chikazo にとって、タイム・マシーンのごとく貴重なアイテムです・・・。
  

Secret of Association / Paul Young

1. BITE THE HAND THAT FEEDS
2. EVERYTIME YOU GO AWAY
3. I'M GONNA TEAR YOUR PLAY HOUSE DOWN
4. STAND ON THE EDGE
5. SOLDIER'S THINGS
6. EVERY THING MUST CHANGE
7. TOMB OF MEMORIES
8. ONE STEP FORWARD
9. HOT FUN
10. THIS MEANS ANYTHING
11. I WAS IN CHAINS


c0046587_5503033.jpg

c0046587_550651.jpg

 大好きな MR.BIG のアルバム 「Hey Man」 も同じ値段で(250円) ありました。
 このアルバムは、選曲のバランスが最高で、大好きなんですよ。
 ブック・オフ他店では500円~750円が圧倒的に多かったような気がしたので、つい買ってしまいました。(だいちゃん、どうなんでしょ?)

 さて、ポールヤングがかつて在籍していたQ-Tipsというバンドのヒット曲が 「SYSLJFM」 です。
 副題 「The letter song」 の通り、口説き文句の頭文字の歌になってます。
 例えば題名の、SYSLJFMなら 「Save Your Sweet Love Just For Me」 ってなわけで、このカケアイがたいへんユニーク。
 「恋愛を楽しむ」ような、こころにくい歌詞になってます。

  S. Y. S. L. J. F. M. - save your sweet love just for me
  D. K. W. I. M. T. M. - you don't know what it means to me
  D. E. T. Y. S. L. A. - don't ever take your sweet love away
  I. C. L. M. L. T. W. - I can't live my life that way

  (SYSLJFM (The letter song)のサビの部分。)
by chikazo-toto | 2005-09-25 06:00 | ようがく


c0046587_035386.jpg


 「La La La Love Song」 が、有名な 久保田利伸さん ですが、1989年にchikazoがタイムリーに聴いていたのがこのアルバムです。
 chikazoにとって久保田利伸さんといえば、当時の思い出の深さから、どうしても・・・このアルバムになっちゃいます。

 最高にカッコよかった!当時の邦楽で彼はズバぬけていました。

 「八番目の虹の色」 は最高のバラッドやなあ・・・と感じさせられました。

 また、「北風と太陽」「一途な夜、無傷な朝」「薄情Love Machine」「永遠の翼」など珠玉の名曲もそろっております。

 これを聴くと、京都から実家までの夜明けの1号線の車の中で、熱くなるまでこのテープを聴いた情景を、必ず思い出します・・・。


GROOVIN’ / 久保田利伸

1.サイキック・ビート
2.北風と太陽
3.プレース
4.ランディ・キャンディ
5.レディ・スーサイド
6.一途な夜,無傷な朝
7.ダイヤモンドの犬たち
8.薄情ラヴ・マシーン
9.永遠の翼
10.ヴィジョンズ
11.八番目の虹の色

 実は、最近、ブック・オフで車用に買って、ひとり聴き直しております。
 当時から、本当にひとりで楽しめる贅沢なバラッドですね。
 ほぼ20年前に、こんな歌を歌っている人がいたなんて信じられません。

c0046587_051780.jpg

by chikazo-toto | 2005-09-24 00:04 | ようがく



 今日は、朝から奈良市内の友達と、吉野方面へ梨狩りに行ってました。
 
 南に大台ケ原・大峰山系を望み、北は金剛・葛城の山々に囲まれた大阿太高原では、明治27年より梨の栽培が行われてきているそうです。糖度が高く、そのさわやかな味は最高でした。

c0046587_22595230.jpg

↑とてもよく手入れがされていて、こんな感じで実ってました。
8月15日から9月初旬が、幸水梨。9月初旬から10月10日は二十世紀梨だそうです。
c0046587_2302336.jpg

↑ちょっと持ち上げてひねると簡単にとれました。
c0046587_2304992.jpg

↑二重の袋にていねいに包んであります。
c0046587_231267.jpg

↑とてもみずみずしく、甘く、さっぱりしてました。



さて、この道中、車内で5人でお供に聴いていたのが・・・これ。
アーハの2枚組みのベスト・ライヴ・アルバム。
c0046587_2355727.jpg

ディスク: 1
1.Forever Not Yours
2.Minor Earth Major Sky
3.Manhattan Skyline
4.I've Been Losing You
5.Crying In The Rain
6.The Sun Always Shines On TV
7.Did Anyone Approach You
8.The Swing Of Things
9.Lifelines
10.Stay On These Roads
11.Hunting High And Low
12.Take On Me
13.The Living Daylights
14.Summer Moved On
ディスク: 2
1.Scoundrel Days
2.Oranges On Appletrees
3.Cry Wolf
4.Dragonfly
5.Time And Again
6.Sycamore Leaves


 すでに夏の面影を見つけるのは難しく、とても涼しくて、すごしやすい一日でありました。
 もう、いよいよ・・・「秋」 本番ですね・・・。

 帰りがけに入った湯 → かもきみの湯
 (ユニークな名前ですが、かなり由緒正しかったので驚きました。)
by chikazo-toto | 2005-09-23 23:06 | おでかけ・奈良