c0046587_2363756.jpg

 今宵は、エリック・クラプトン。
 しっとりと聴かせてくれます。
 これは、ELIC CLAPTON live on tour 2001 one more car one more rider というDVDの一場面です。
 とにかく映像がきれいです。
 光の加減がきれいで、ステージバックや共演者の服装、ライトの当て方などは、ピカイチです。
 特に、16曲目の『wonderful tonight』は、会場の恋人達のなんともいえないムードも、個々に映し出してくれて、いい感じになれます。
by chikazo-toto | 2005-02-28 19:00 | ようがく

c0046587_2383642.jpg

 今宵も、見てしまいました。ビリーのDVD。 
24曲目の『all about soul (live)』は、心を打ちます。
このDVDの中で、最も現在のビリーの姿に近い場面だと思います。
この静かな力強さはまさに、ソウルです。
この曲の邦題は、『君が教えてくれるすべてのこと』です。
by chikazo-toto | 2005-02-27 19:00 | ようがく

c0046587_23104269.jpg

 一番の気に入りのDVDといえば、やっぱり、ビリー・ジョエルのDVDでしょう。
 プロモーションビデオ(PV)中心のDVDが発売されていて、これが一番のお気に入りです。
 その時代が反映されていて、すごくいいです。
 上記写真は、11.『the river of dreams』の一場面です。
 心に響くすごいメロディです。
by chikazo-toto | 2005-02-26 19:01 | ようがく

c0046587_23174581.jpg

 たまにですが、車中で、ザ・カーズを聴きます。
 クールなイメージがこのバンドには、ありますが、ヒネリのきいた、MTVのPVでのアイデア満載のイメージが強い印象があります。
 聴きやすいポップなナンバーの多いこのバンドは、文字通りドライブでは楽しい雰囲気にさせてくれるアイテムなのです。
 「ドライヴ」が一番好きな曲ですが、ベンジャミン・オールの声はなぜに心にこうも響くのでしょうか?
 
by chikazo-toto | 2005-02-23 19:03 | ようがく

c0046587_23275345.jpg

 大学のとき最初は、恥ずかしながら、最初、『インエクセス』と読めませんでした。
 ニュー・ウェイブと言われつつも、ソウル・R&B,パンク、ファンクなど様々な要素を大胆にミックスされています。
 通算6枚目のこのアルバムが一番思い入れが強く、また、大好きです。
 後にベストアルバムを購入しましたが、少しこのオリジナルアルバムのほうが、輝いていました。
 01.guns in the sky 02.new sensation から始まり、 03.devil inside そして大ヒット曲 04.need you tonight への流れ込み方は、今も心に残っています。
by chikazo-toto | 2005-02-23 19:02 | ようがく

c0046587_23303340.jpg

 FMステーションにはFMトピックスというコーナーもありました。
 洋楽通の渋谷陽一さんが洋楽の解説をしてくれてました。
 ウィンウッドやキースが活躍するとの文字が・・・。
 しかし、しかし、ウィンウッドの写真が若すぎます。
by chikazo-toto | 2005-02-22 21:39 | ようがく

c0046587_21103360.jpg

 昨日の続きです。
エアチェックの洋楽の部分ですね。
 ケニー・ロギンス、アニタ・ベイカー、ポイズン、バングルスのFM放送があった週の模様です。
 わくわくして、放送をラジオの前で、テープを用意して待った記憶がよみがえります。
by chikazo-toto | 2005-02-03 21:11 | ようがく

c0046587_2195374.jpg

 FMステーションにはエアチェック用のページがありました。
 ここから気軽に、聞いたことのない曲に触れることができました。
 テープとラジカセだけあればチェックできたんだからね。
 でも、その時間は録音作業に必死でしたね。
 家族も何事?と思ってたみたい。
by chikazo-toto | 2005-02-03 21:10 | ようがく

bill champlin

c0046587_22365171.jpg
 
 今も、シカゴはいいですね。
 chikago17~19あたりは、特にお気に入りです。
 19の look away から、ビル・チャンプリンも聴いてみようと思いました。
 このsingle(独身貴族)というアルバムはいいですよ。
 いろんなジャンルに挑戦するビルに、乾杯!
 ランナウェイというアルバムも評判いいみたいなので、次回聴きたいです。
by chikazo-toto | 2005-02-02 22:28 | ようがく

Pat Benatar 到着す。

c0046587_22103441.jpg
 
 尊敬するMusic8089のよしさんのご推薦、Pat Benatar が、昨夜到着し、ずっと聴かせていただいてます。 迫力あるんですね、コレって。なかでも、Promises in the Dark Precious Time Helter Skelter は特に最高ですね。 ご機嫌です。 友達に話すと、 Best Shots というベストをもっているらしく、そこに入っている、 Love is a Battlefield というのが友達は、いい!といっておりました。
 ほしいなあ、それ!と思いました。声がいいや。
by chikazo-toto | 2005-02-01 21:58 | ようがく