You ain't heard nothin' yet!

c0046587_2138470.jpg
 

 雨の日曜日。
 午前中に映画を見て来ました。
 
 

More
by chikazo-toto | 2012-04-22 22:24 | えいが

c0046587_2344097.jpg

 アンディがレッドに夢を語る場面のはじまり。 
 この会話をする2人の表情が、会話以上にとっても豊かです。

More
by chikazo-toto | 2006-12-23 00:03 | えいが

c0046587_188201.jpg

 次に好きなシーンは、アンディが 「フィガロの結婚」 のレコードを所内で流すシーンです。
 刑務所の上層部といい関係になっていたのに、なぜこんなことを?
 でも後になって、かなり重要な意味をなしていることがわかります。 

More
by chikazo-toto | 2006-12-17 18:13 | えいが

c0046587_0551377.jpg

 冤罪でショーシャンク刑務所で、無期懲役刑となったアンディ。
 最初に登場する好きなシーンは 「屋外作業の珍事」 の場面です。

More
by chikazo-toto | 2006-12-17 01:10 | えいが

c0046587_22455812.jpg
 
 今も大好きな映画であり続ける 「ショーシャンクの空に」。
 '94年にアメリカで公開、日本で'95年に公開されました。

More
by chikazo-toto | 2006-12-16 22:46 | えいが

c0046587_5365146.jpg

 「波の数だけ抱きしめて」
 当時はそんなに意識していないタイトルでした。

More
by chikazo-toto | 2006-04-08 05:47 | えいが

ショーシャンクの空に

c0046587_21514328.jpg
 
 おそらくこの映画が自分に与えた衝撃が大きすぎて、一生これを越える映画には出会えない気がしてなりません。
この映画は、ああ、自分はこんな映画が心の底から好きなんだなあ。って気づかせてくれました。 いままでは、素朴に、ありのままの姿で、見て、好きになった映画はなかったのかもしれません。
 サントラには、グリーンマイルでも流れていた曲も入っているみたいですね。
 これは、その画像の場面に戻れるタイムマシーンかもしれないですね。
 過ぎ去った過去じゃなくて、その映画の場面にスリップさせてくれるってのもいいですね。
 原作の「刑務所のリタ・ヘイワース」の小説のほうも、かなり臨場感あります。
by chikazo-toto | 2004-12-18 21:48 | えいが