ローカル線を訪ねて・・・北条鉄道①

c0046587_21265699.jpg

 ちょっと、鉄分不足です。(笑)
 そんな時は、カメラを持ってローカル線。 そんな、日帰りのたびにでかけましょうか?





 さて、出かける先は・・・。

c0046587_21281128.jpg


 大阪駅から西へ・・・。
 姫路市の手前の加古川市。

c0046587_2128212.jpg


 この駅で加古川線に乗り換えます。

c0046587_21283014.jpg


 こちらが加古川線の車両です。

c0046587_21284756.jpg


 休日は空いてますから、とってものんびり~。

c0046587_21285426.jpg


 加古川を渡って・・・北へと向かいます。

c0046587_2129699.jpg


 粟生駅というところまで、やってきました。

c0046587_21291384.jpg


 こちらのホームにて、乗り換えます。

c0046587_21292060.jpg


 ホームでひとり、のんびりと電車を待ちます。

c0046587_21293151.jpg


 右が加古川線で福知山線の方面。
 左が北条鉄道。

c0046587_21293732.jpg


 ほどなく・・・北条鉄道の車両が到着。

c0046587_2129448.jpg


 超ロングシートで、ゆったりのたび。

c0046587_21295331.jpg


 いくつかの駅舎を経て、北条町の駅へ。

c0046587_2129596.jpg


 粟生~北条町間にある六つの駅はとってもレトロ感がいっぱい。
 どこか昔見た、なつかしいふんいきがこの駅舎にはありました。

 (帰りに撮りましたので、こちらはのちほど紹介予定。)

c0046587_21301820.jpg


 この路線の車窓からは、とってものんびりした秋の風景が広がります。

c0046587_21302596.jpg

 
 この北条鉄道の終点北条町駅。
 その駅の北にある住吉神社と酒見寺の境内を北進すると羅漢寺に出ます。

c0046587_21304052.jpg


 訪れる人は少なかったですが、このお寺にあるのは 北条石仏(五百羅漢)。

c0046587_21304586.jpg


 「親が見たけりゃ 北条の西の 五百羅漢の堂にござれ」
 そう古い唄にあるように、すべて面貌が異なり、一体一体に親しみと個性が感じられます。

c0046587_21305077.jpg


 今から数百年前、名もなき人々が彫ったであろう石仏たち。
 そのすがたの素朴さ、そのたたずむ周囲の静けさ。、

c0046587_2131419.jpg


 時間がゆっくりと流れはじめ、なんだかこころが洗われるような気持ちになります。

c0046587_21311456.jpg


 この時空、空間から比べれば、日常で起こることは小さきことかもしれません。

c0046587_2131217.jpg


 作られた理由やその時代、作者も不明の石仏群。

c0046587_2131463.jpg


 そこには、どんな想いがこめられているのか。

c0046587_21315671.jpg


 カメラを持って、石仏のそばを、歩いたり・・・座ったり。
 1時間ほどの境内の散策が、とっても短く感じられました。

c0046587_21321570.jpg


 約400体の石仏が、ここでしずかに時間をすごしていました。

c0046587_21322136.jpg


 静けさの中に・・・見つけたもの・・・。

c0046587_21323296.jpg


 石仏さまの頭に・・・。

c0046587_21323840.jpg


 なつかしい・・・赤とんぼが一匹。

c0046587_21324594.jpg


 小さい頃から、長く見ていない気がしました。
 こんなに赤かったっけ・・・。

c0046587_21325179.jpg


 お寺の木陰で休んで・・・充電を・・・。

c0046587_22411424.jpg



 さて・・・次回は、先ほどのローカル沿線をテクテクと歩きます。
by chikazo-toto | 2008-10-24 22:25 | おでかけ・兵庫