冬の晴れた日に・・・ in 異人館①

c0046587_2134943.jpg

 今日は祝日(建国記念日)、連休の最終日でありました。

 さて、こちらは・・・つれあいどのよりプレゼントにもらった、ちいさな肩掛けカバン です。





 今日の、久々のよい天気に誘われて・・・。
 カバンに、まずはコンパクトカメラ2台を詰め込みました。

c0046587_2141637.jpg


 そして・・・もう片方の肩には。

 前からずっと試したかった・・・一眼レフの創世記カメラ。
 3000円程でオークションで買った中古のカメラ 「ミノルタα7000」 です。

 '85年発売の世界初のオートフォーカス一眼レフです。
 高校生の当時、あこがれのカメラでした。

c0046587_21465.jpg


 現在の一眼レフの基礎を作ったカメラで、ピント合わせの自動化は無理と言われていた時代に突如として登場しαショックと呼ばれていたそうです。 すでに20年以上前になります。

 大好きだった宮崎美子(淑子)さんのミノルタ X-7(こちらは'80年)のCM。
 こちらも・・・素敵&ドキドキでしたね。

c0046587_2147417.jpg
 


 行き先に選んだのは・・・神戸の北野。
 異人館が立ち並ぶ地域であります。

 
 まず、最初に登場は、 かばんの中の 「キャノンAF35ML」 です。
 こちらは'81年製のコンパクト・カメラ。

c0046587_21475747.jpg


 結構重量があるつくりですが、ホールド感はいい。
 そのグリップ部分に単3電池を2本入れる方式になっているので、使い勝手がgood。
 40mm/1.9広角系のレンズを搭載しています。

 こちらのカメラで、実際に撮影をしてみました。


 今日の神戸は晴天でした。
 北野の異人館。
 以下は 「キャノンAF35ML」 で撮影したフィルム写真です。

 とってもきれいな 「うろこの家」 です。

c0046587_214813100.jpg


 「うろこの家」 は神戸で最初に公開された異人館でした。

c0046587_21503678.jpg


 外壁のおしゃれな天然スレート石の形状が、魚鱗に見えることが館名の由来とされています。

c0046587_21504785.jpg


 明治38年(1905年)頃、神戸旧居留地に外国人向けの高級借家として建設。
 大正11年、この北野町に移建された西洋館です。

c0046587_2151117.jpg


 旧ハリアー住宅というのが文化財としての正式名称。
 「うろこの家」 という通称の方が一般的になっています。

c0046587_2151225.jpg


 館内には、時代の経た家具・調度品とともにマイセンをはじめとする陶磁器、エミール・ガレやティファニーなどのガラス工芸品が展示されています。

c0046587_21513110.jpg


 国登録有形文化財、兵庫住宅百選の一つ。

c0046587_21514625.jpg

 
 この館の窓。
 ここからは、神戸港が一望できます。

c0046587_21515669.jpg


 よく晴れていて日差しは暖かく、冷たい風が心地よかったです。


c0046587_2152750.jpg


 このカメラは、ずっしりとして頑丈なつくりです。
 衝撃にも強そうで、壊れにくそうな感じです。

 ずっと大事にしたいです。

c0046587_21521951.jpg


 ほかの2台のフィルムは未現像ですので、出来上がってきたら掲載したいと思います。
 現像を待っているどきどき感も・・・結構いいもんですよ。



  余談ですが・・・。 

  ポリスの大阪公演に行ってきました! ・・・最高でした。

c0046587_21104246.jpg


  演奏、声、演出、雰囲気・・・。
  どれもが一流で、彼らの音楽と演奏に酔いしれた素敵な、感動の夜でした。

  こちらも後日、その感動を書き留めておきたいと思います。
 
  また、ご報告させていただきますね。
by chikazo-toto | 2008-02-11 22:08 | おでかけ・兵庫