"made in USSR" と 水間寺

c0046587_2374228.jpg

 秋に入った頃、ぶらっと出かけたのが近くの水間寺(貝塚市)。

 お供のカメラは、ソ連で造られたFED2(フェド・ツー)というカメラです。
 ロシアでブルーにペイントされたものですが、このジーンズのようなカラーが気にいってます。




 FED2はソ連時代に同国のウクライナ、ハリコフのFED工場で'55年~'70年の間にわたって作られました。
 こちらは'50~'60年代あたりのものだそうです。
c0046587_23202559.jpg

 こちら当時のFED2の宣伝ポスターです。
 FED2シリーズは実に200万台以上という多くの台数が製造されたという、ロシアカメラ屈指のベストセラーモデル。
 連動距離計を内蔵したライカコピーのカメラ。
c0046587_23375523.jpg

 本家のライカと違って非常に安価なため、クラシック・カメラの中でも取り扱いしやすいカメラです。 
 その感覚と、このジーンズのようなカラーとが愛称がぴったり。
c0046587_23204888.jpg

 付属のアルミ製のホワーンと写る感のあるパンケーキという愛称のレンズ。
c0046587_23211887.jpg

 今日はお寺を撮るので、日本製のレオタックスのキャノンのレンズを拝借することにしました。
c0046587_2321378.jpg

 クルクルとレンズをはずします。
c0046587_23215180.jpg

 こういった日ソのカメラ間でレンズ交換できる時代があるのですね。 とっても驚きです。
c0046587_23221355.jpg

 FEDにキャノンレンズが装着されました。
 レンズの交換で、個性の組み合わせが楽しめます。
c0046587_23225190.jpg



 フードもつけて、おしゃれをして。
 さあ、いっしょに出かけましょう。
c0046587_2323593.jpg

 水間寺に到着。

 そよ風吹く、とっても穏やかな天気です。
c0046587_23231659.jpg

 お寺の駐車場にいた ネコちゃん です。
c0046587_23232992.jpg

 かなり大きな本堂です。
c0046587_23234020.jpg

 秋の入り口って感じでしょうか。
c0046587_23235469.jpg

 本堂の隣に建つ 三重の塔 です。
c0046587_23241135.jpg

 木造の建物と瓦、そして紅葉。
c0046587_23242532.jpg

 さっきの ネコちゃん も見上げてます。
c0046587_232436100.jpg

 お寺と紅葉って落ち着く風景ですね。
c0046587_23244879.jpg



 さて、今年9月にカメラに出逢ってから・・・4ヶ月が過ぎました。

 今まで見えなかった、たくさんの紅葉や景色が今年、見え始めました。
 けっこう、カメラを持ってウロウロと歩いている落ち着きのない自分がいます。

 牛滝山(岸和田)・和歌山城(和歌山)・大原(京都)・御堂筋の銀杏(大阪)・・・。
 まだ、ここに残しておきたい秋の写真たちがあります。

 先週の日曜日、南海電車の支線(単線)に乗ってのひとりで電車の散歩をしてみました。
 そこで出会ったおいしいものが、こちら(↓)。

c0046587_23182116.jpg


 こしあんが入った、手づくりの 「あげパン」 です。
 こちらは支線散歩の写真とともに次回、紹介して残しておきたいと思います。

 おたのしみに・・・そして、ご覧いただきましてありがとうございます。

 
                               chikazo
by chikazo-toto | 2007-12-13 23:53 | おでかけ・大阪