日曜朝市に行く

c0046587_1326301.jpg

 きょうは日曜日ですね。
 朝8時台に目が覚めました。
 
 自宅近くの漁港へ、ぶらりと出かけてきました。
 この漁港、毎週日曜日には、朝市を開催しておられます。
 空に浮かぶバルーンが、開催している目印です。



 
 港の名前は、岡田浦(おかだうら)漁港といいます。
 けっして大きくはない、大阪湾にある漁港です。

c0046587_13264013.jpg


 港の中にある道に一直線に出店が並んでおります。
 AM6:30~ 開催ですので、今の時間は地の人は少し少なめかな?
 ゆったりと歩きながら、買い物ができました。

c0046587_13264999.jpg


 北に大阪湾を臨むマーブル・ビーチと呼ばれる白い小石の広がる海岸線。
 開催国際空港が沖合いに見える臨海船沿いの高架下にあります。
 駐車スペースは十分にあります。

c0046587_13265961.jpg


 右のアジのトロ箱で500円。
 名産のあなごなんかも、市価よりかなり安いですね。
 
c0046587_13272263.jpg


 なんといっても食材は新鮮です。
 右から二番目は 「がっちょ(300円)」 という、ここでしかとれない魚。
 関東では 「メゴチ」 とか 「ネズミゴチ」 と呼ばれている種類の魚だと思います。
 もともとガッチョは姿・形の割りに結構美味しい魚。
 小学校の頃釣ってきたものをよく煮て食べました。
 白身の上品な味で旨かったです。
 特に三枚におろして唐揚げにするとポン酢と合い、背骨までバリバリ食べれて最高においしかった。
 
 一番左は 「赤シタ」 ですね。
 フランス料理の 「舌平目のムニエル」 というと有名ですよね。
 故郷泉州の地魚は安くて、とてもおいしいものが多いと思っています。

c0046587_13273180.jpg


 このように網に小分けして、売ってもいます。
 フライやてんぷらによさげですね。
 
 おお、シャコえびですね!

c0046587_1327409.jpg


 野菜もあります。
 大根100円です。
 箱ごともってけドロボーって感じ?
 
c0046587_13274812.jpg


 お花もありました。
 このお店のおっちゃんと会話していて、つい買ってしまった花があります。
 これは、次回に紹介しますね。 (鉢に植え替えを計画中なのです。)

c0046587_13275735.jpg

 
 近くに毛布やタオル工場の多い泉佐野市があるせいか、B級の繊維ものも売っておられました。

c0046587_1328677.jpg


 出店も出ています。
 タコ飯、あなご飯、おでん、串など・・・。

c0046587_13281480.jpg

c0046587_13282245.jpg


 さて、ここにやってきた目的は、ネットのブログでみつけたこのお店を探すこと。

c0046587_13283156.jpg


 いらっしゃってました。 よかった~。 
 さっそく、珈琲を注文!
 車内でドリップして、入れてくれます。

c0046587_13284357.jpg

 
 天然酵母のご自慢のパンもおいしそう!
 
c0046587_13285319.jpg


 おいしい珈琲をいただいて、あったかくなったところで帰路につきました。

  たまカフェ さんのブログ



 さて、今回行ってきました漁港の場所は、コチラです。

c0046587_133777.jpg


 是非、また来たいですね、岡田浦漁港の日曜青空朝市。
 わが家には「太刀魚」、おかんには「いいだこ」を買って帰りました。
 お店の方が、手馴れた手つきで魚をさばいてくれていましたよ。

c0046587_1329261.jpg

by chikazo-toto | 2007-02-25 13:58 | おでかけ・大阪