夜に すがりつき・・・。

c0046587_21514056.jpg

 懐かしがりながら、久々に聴いてます。

 '87年、リチャード・マークスのデビューアルバムの 「リチャード・マークス」 です。
 彼の歌。 最近は手っ取り早くベストしか聴いてなかったです。

 聴き込んだアルバムって当時の想い出がいっぱいで、とてもいいもんですね。



c0046587_21515172.jpg


 「シュドヴ・ノウン・ベター」 から 「ドント・ミーン・ナッシング」 へと続いてゆく。
 この始まり、だいすきです。
 イーグルスのジョー・ウォルシュのギターも素敵です。

 そして、徐々に彼の本領発揮です。
 ゆったりと西海岸の夏の町の夜のような感じに包まれてゆきます。
 乾いた感じもするし、時には、とても艶っぽい雰囲気も持ち合わせています。

 そして、やはり 「ホールド・オン・トゥ・ザ・ナイツ」。
 いい曲ですね。

 あの頃の感動と、すこしも変わってませんね。

c0046587_2152024.jpg



Richard Marx / Richard Marx

 1. Should've Known Better
 2. Don't Mean Nothing
 3. Endless Summer Nights
 4. Lonely Heart
 5. Hold on to the Nights
 6. Have Mercy
 7. Remember Manhattan
 8. Flame of Love
 9. Rhythm of Life
 10. Heaven Only Knows

c0046587_21521064.jpg



 このウェスト・コーストの新人の登場はすごかったですね。
 あっという間に、ファンになりました。
by chikazo-toto | 2006-07-24 22:00 | ようがく