ちいさい秋 みつけた・・・。

c0046587_2354264.jpg


 先ほど、しずさんのブログ を拝見していて小学校で習った 「ちいさい秋みつけた」 を、思い出しました。これは先生によく輪唱させられて歌ってましたっけ・・・。

 サトウハチローさんは、明治36年(1903)、作家・佐藤紅緑(こうろく)さんの長男として東京で生まれました。
 彼は少年時代は、手のつけられない不良だったそうで、落第3回、転校8回、勘当を言い渡されること17回で、山手線内のほとんどの留置場に入れられたという伝説が残ってます。感化院に入れられたこともありました。
 その後17歳のとき、西条八十の門をたたき、20歳ごろから作品を、発表し始めます。
 「うれしいひなまつり」 「かわいいかくれんぼ」 など数多くの童謡のほか、歌謡曲でも 「リンゴの歌」 や 「長崎の鐘」 など、日本人の心に深く刻み込まれた名作を数多く残しています。昭和48年(1973)没。
 
 今年、サトウハチローさんの生涯をテレビドラマ化した「ハチロー~母の詩、父の詩~」が、NHKの 「月曜ドラマシリーズ」 で放映されました。サトウハチローさん役は唐沢寿明さんでした。

 「ちいさい秋みつけた」 は、昭和30年(1955)のNHK放送記念祭で発表されました。
 chikazoにとっては、父がよく聴いていた、ボニージャックスの歌がとても印象的です。

 今も、彼の東京文京区弥生にある旧宅の庭には、はぜの老木があり、秋になるとみごとに紅葉します。
 この歌の、3番に出てくるはぜは、これを歌ったものと思われます。


 
「ちいさい秋みつけた」
    
      作詞:サトウハチロー 作曲:中田喜直


1 だれかさんが だれかさんが
  だれかさんが みつけた
  ちいさい秋 ちいさい秋
  ちいさい秋 みつけた
  目かくしおにさん 手のなるほうへ
  すましたお耳に かすかにしみた
  呼んでる口笛 もずの声
  ちいさい秋 ちいさい秋
  ちいさい秋 みつけた

2 だれかさんが だれかさんが
  だれかさんが みつけた
  ちいさい秋 ちいさい秋
  ちいさい秋 みつけた
  お部屋は北向き 曇りのガラス
  うつろな目の色 溶かしたミルク
  わずかなすきから 秋の風
  ちいさい秋 ちいさい秋
  ちいさい秋 みつけた

3 だれかさんが だれかさんが
  だれかさんが みつけた
  ちいさい秋 ちいさい秋
  ちいさい秋 みつけた
  むかしむかしの 風見の 鶏 ( とり ) の
  ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ
  はぜの葉赤くて 入り日色
  ちいさい秋 ちいさい秋
  ちいさい秋 みつけた


 
   今も昔も・・・、この季節が、いちばん好きですね。
by chikazo-toto | 2005-11-13 23:53 | つぶやき