榎(えのき)の木①

c0046587_0385238.jpg

小生、B.アダムスのコンサートの後、まるで燃え尽き症候群のようです。
 さて、この木は、家の庭にデンと居座る、癒しのアイテム、榎(えのき)の木です。
 この我が家の榎の木は毎年なかなか紅葉しません。
 毎年、11月終わりごろまでまるで常緑樹のような顔をしてすましていますが、12月に入ると一気に紅葉して、同時に葉を一気に雪が振るようにはらはらと落とします。
 おかげで、ダンボール何杯もの落ち葉がいっぱいになります。
 さて、一番いい季節は、実は今の時期なのです。
 ここ何日は新緑はどんどん増えてゆくのが、その木陰の広がりからわかります。
 木陰の面積は広く、その下は最高に涼しく、過ごし易いです。
 榎の木はニレ科エノキ属で、20m以上の喬木になるそうです。
 今、この木は、目立たない花と実をつけていて、鳥がそれを目当てによく飛んできています。
by chikazo-toto | 2005-04-29 00:37 | つぶやき