愛犬シロが空に帰った日

c0046587_22464533.jpg


 chikazo家の愛犬シロとの別れ。
 今日12月5日13:00、シロが空へと昇ってゆきました。





 
 シロは昨日の土曜日と今日の午前中、我が家で一緒にゆっくりお休み。
 今日の13:00が、シロがお空に昇ってゆく時間です。

 今日は風のない、よく晴れた日でした。
 土日でこころの整理もある程度できました。

 この天気にスケジュール。
 ほんとうに最後の最後まで、飼い主想いなシロでありました。

c0046587_21193869.jpg


 12:45頃、自宅におおきな車両(トラック)がやってきました。

 約1時間。

 シロは今日の暖かい日差しの中の、この空の上へ上へと。
 大好きだったぽかぽかとした日差しに包まれながら、ゆっくりと昇ってゆきました。

c0046587_21194341.jpg


 骨上げの時間。 
 いっしょに丁寧に骨上げをしてくださった業者さん。

 遺骨って驚くほどに、体のたくさんのことを語ってくれるのですね。
 背骨のこと、病気のこと・・・。

  「大往生ですね、シロちゃんは。
  でも、結構シロちゃんは、痛かったのかもしれませんね。」 

c0046587_21195026.jpg


 ここ数ヶ月。
 ずっと目をとじていたとき、じっと痛みに耐えていたのでしょうか・・・シロ。
 
  「おつかれさま・・・17年間一緒にいてくれて、ありがとう。
  痛みをわかってあげられなくてごめんね。
  もう、苦しまなくていいんだね。
  ゆっくりおやすみ。

  君と過ごした時間はすべて、楽しかったよ。
  シロと出会えてよかったよ。

  シロ、またね。」


 シロのお骨を上げているとき、そんなきもちでいっぱいになりました。





 15:00頃。

 シロが空に帰ったあと。
 自宅正面の堤防に、久しぶりに登ってみました。

c0046587_2120181.jpg


 風のない、よく晴れた日でした。
 海の波も、この季節にはめずらしく穏やかでありました。

c0046587_2120697.jpg


 この右のテトラポットの下の砂浜で、シロと出会い・・・。
 左の海沿いの道が、日々シロと散歩をしたコース。

c0046587_21195636.jpg


 そしてシロが昇っていった、今日の空。
 この場所は、シロと過ごした時間がぎゅっと詰まった場所。

 シロは、これからはずっと。
 こころの中に一緒にいてくれると思います。

c0046587_22193182.jpg


 今日の最後に。
 
      「ありがとう、シロ。」


           chikazo H22.12.5 夜

c0046587_22182013.jpg






 追記


  ご覧のみなさま。
  
  シロの記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。

  また、励ましのコメント、メール。 

  ほんとうにありがとうございます。

  心強く、うれしかったです。

  飼い主ですからしっかりしないと、気の弱いシロが不安がりますからね。

  自分はこれからしっかりと、前を向いて進みたいとおもいます。

  みなさま、ありがとうございました。

   (それと今日だけ、コメント欄を閉じさせていただいてます。)



                     chikazo より
by chikazo-toto | 2010-12-05 21:55 | つぶやき