丹波 イノシシのぼたん鍋

c0046587_1026527.jpg

 明治時代になってから肉食禁止が解かれ、兵庫県篠山でみそ仕立てのぼたん鍋が生まれ、その後、広く親しまれるようになりました。
 




 昨日の土曜日、お仕事は半ドンでありました。

c0046587_1027718.jpg


 13時までお仕事。
 大阪から阪神高速に乗って、舞鶴若狭自動車道へ。

c0046587_10271699.jpg


 かつてこの篠山には、陸軍歩兵部隊第70連隊が駐屯していました。

 彼らは訓練と称して捕獲したイノ シシの肉をみそ汁にして食べ、さらにアレンジしたものが 「ぼたん鍋」 の起源に なっているといわれています。

c0046587_10272320.jpg


 ここは、篠山城。
 篠山盆地の中央部、笹山とよばれる小丘陵に築かれた平山城です。

c0046587_10273097.jpg


 石垣の石には、いくつか刻印が見られます。

c0046587_10273666.jpg


 6ヶ月で完成させたということですので、当時の技術ですとかなりの大事業だったのでしょう。

c0046587_10274343.jpg


 雪が少し残っていて、桜の枝の苔の緑色がきれいでした。
 桜の季節は、きっときれいでしょうね。

c0046587_10275122.jpg

 
 そろそろ、夕暮れどきが近づいていました。

c0046587_10275817.jpg


 篠山の盆地は周囲が山に囲まれていて、とても静かな夕暮れの景色でありました。

c0046587_10281335.jpg


 次に行ったのは、お城の近くにある大正ロマン館です。

 大正11年に完成、翌年大正12年から平成4年3月までの約70年間の篠山町役場としての役割を終えた建物。

c0046587_1028228.jpg


 この建物の中には、喫茶店があります。

c0046587_10283093.jpg


 旧役場の内部はこういった感じ。

c0046587_10283554.jpg


 いただきましたのは、黒豆ココア。
 とっても体にやさしい味でした。

c0046587_10284124.jpg


 近くの小高いところにある 「新たんば荘」さんへと移動しました。

c0046587_10284844.jpg


 雪の残るロッジ。
 夕食を頂くために立ち寄ってみました。

c0046587_102903.jpg


 内部はこんな感じ。
 空気がきれいで、静かな北欧風建物の公共の宿でした。

c0046587_1029754.jpg

 
 18:00からの食事だけの予約をしておいたのですが、お風呂は無料とのこと。^^
 17:00からの1時間、お風呂に入ってみました。

c0046587_10291380.jpg


 風呂あがりの食堂前のロビー、相撲の結びの一番(白鵬-安美錦)をやってました。

c0046587_10291938.jpg

 
 さあ、食堂でイノシシ鍋ですよ。

c0046587_10292386.jpg


 宿泊プラス鍋で1万円ほど。
 今回は食事だけですが、大阪近郊にある非常にお得な宿です。

c0046587_10292955.jpg


 ボタン鍋は、みそ仕立ての鍋です。

c0046587_10293543.jpg


 煮詰まったら、昆布だしを加えてゆきます。

c0046587_10294145.jpg


 野生のイノシシは、この時期は最高です。

c0046587_10294991.jpg


 イノシシの肉自体は厚いわりには淡泊。
 熱い肉を口に入れても、ヤケドをしないといわれているほど。

c0046587_10295554.jpg


 また、煮込めば煮込むほどますます柔らかくなり、みそ味でさらに美味に。

c0046587_1030225.jpg


 土曜日の午後、駆け足の山里訪問でしたが、ゆっくり逗留しての訪問もしてみたい場所です。

c0046587_1030915.jpg


 このあと、7:00に大阪に向けて出発。
 気温は0℃。
 外は寒かったですが、あたたかいお風呂と鍋をいただいて参りました。


 それ以外は時間がなかったのですが、この篠山の城下町。
 
 カメラをもってゆっくり歩きたいとってもいいい雰囲気のあるまちでした。
by chikazo-toto | 2009-01-18 11:47 | おでかけ・兵庫