ローカル線を訪ねて・・・北条鉄道②

c0046587_2233299.jpg

 前回に続きまして、北条鉄道のたび パート2。
 終点の北条町駅からUターン。

 そのたびの あしあと。 

 by camera: nikon f3



 先ほどの羅漢寺から北条町駅へ。
 駅ベンチで・・・ほっとコーヒータイム。
c0046587_2235093.jpg

 終点のこの駅だけは、とっても近代的な造りでしたよ。
c0046587_225820.jpg

 駅前のラーメン店の希望軒(ほーぷけん)さんで、早めの昼食。
c0046587_2252699.jpg

 さっそく国産豚ゲンコツ使用して出汁をとった 「とんこつラーメン」 注文。
c0046587_2253354.jpg

 90年代によく大阪や神戸で食べた、なつかしい味です。
c0046587_2254592.jpg

 きましたよっ!うまいラーメン!
c0046587_2261050.jpg

 こちらのチャーハンがおいしいので、セットで注文。
c0046587_2261818.jpg


 ふぁ~。 生き返って・・・満腹であります。

 さて昼食後、いよいよローカル線で南下のたびが始まりました。
c0046587_2263681.jpg

 1つ目の 磨横田(はりまよこた)駅 です。
 春にはホームに桜が咲き乱れ、沿線には菜の花が咲く花の駅だそうです。 
c0046587_2264310.jpg

 次の駅は 長(おさ)駅 です。
c0046587_2265722.jpg

 この駅のレトロ感に引き寄せられて・・・下車してみました。
c0046587_2271670.jpg

 長石という石を積み出していたことが駅名の由来だとのこと。
 1915年(大正4年)3月3日開業の駅舎です。
c0046587_2274974.jpg

 この光景は、ずっとかわってない光景かもしれません。
c0046587_228213.jpg

 ああ・・・。 モノクロ・フィルムが、よかったなあ・・・。
c0046587_2282278.jpg

 今は無人駅となっていますが・・・貴重な光景ですね。
 木造のなつかしい感たっぷりの駅舎。
c0046587_2283887.jpg

 この 長駅 から、次の 播磨下里(はりましもさと)駅 まで、テクテク散歩。
c0046587_229109.jpg

 駅の周辺の風景も、レトロ感あふれてます。
c0046587_229402.jpg

 静かな風が吹いていました。
 線路沿いの道を、ひとりのんびりと歩いてゆきました。
c0046587_2210387.jpg

 周囲は、田園風景が広がります。
c0046587_22101324.jpg

 まぶしいばかりの田んぼにススキの穂。
c0046587_22102770.jpg

 NIPPON の秋のローカルの風景って、すばらしい。
c0046587_22103876.jpg

 いつの間にか、あたりまえの風景が、貴重な風景になりつつあります。
c0046587_221105.jpg

 線路のすぐそばにあった神社。
c0046587_22111885.jpg

 このレールをそのまままたいで、参拝するのでしょうかね?
c0046587_22113561.jpg

 一時間に一本の電車が、前からやってきました。 
 往復していますから、30分ほど歩いたのでしょう。
c0046587_22114435.jpg

 あとで、あの電車に乗りましょうか。 次の駅まで歩けばちょうど乗れるかな?
c0046587_22115978.jpg

 さらに・・・テクテク。
 そんなに暑くない、風の心地よい日曜日。
c0046587_22121962.jpg

 線路ぞいのススキも、見事な穂。 まるで秋の花火のよう。
c0046587_22123634.jpg

 線路に咲く、黄花コスモス。
 風に揺れてました。
c0046587_22125470.jpg

 木製の柱が、がんばってます。
c0046587_2213731.jpg

 そろそろ・・・駅が近づいてきました。
c0046587_22132447.jpg

 大きな木の下にある 播磨下里駅 です。
c0046587_22134782.jpg

 この駅のホームからの風景も・・・のんびりの田園風景。
c0046587_2214596.jpg

 右から書かれた字の上から、左からかかれてますから、太平洋戦争以前の看板かな。
 こちらは1917年(大正6年)8月14日に開業の駅舎です。
c0046587_22142652.jpg

 さて、先ほどの電車が 北条町駅 方面からやってきましたので、乗車しました。
c0046587_22143676.jpg

 次の駅、 法華口(ほっけぐち)駅 で下車。
c0046587_22151969.jpg



 次の駅が、このたび最後の駅になります。

 chikazoが今回、この北条鉄道を訪れようと思った理由。
 この田舎で起こったある列車事故の背景の面影を今もそのまま残す駅でもあります。


 今回も長きにわたりご覧頂き、非常に感謝です。
by chikazo-toto | 2008-10-25 23:04 | おでかけ・兵庫